2014年09月04日

打越峠で打ったのは?

「生きる事、それは日々を告白してゆく事だろう」
かつて尾崎豊はそう言っていた


「ブログ、それは間抜けな事告白して行く事だろう」
多分そうだろうと思って私はブログを続けてる。

ま、今回のネタはそう言う事で色々な意味で私らしいと言うか…
さて、発表しない事も一つの選択肢だけど、オイラのキャラ上の問題で秘密にしてはイケナイ気もした。
「またかよ!」
「いい加減にしろ!」
そんな声も聞こえてきそうなネタだが、それが私の生きる道

ま〜いぃ うえぇぇぇい〜




さて、昨日のサイクリングのお話

夏休みに二十曲り峠に行って以来のサイクリング
そうそうエムピーさんも先日行っていた
朝5時半に目が覚める
行先を決めかねていた、兎に角走り出す
ついつい行先を考えながら走っていると津久井湖の方に来てしまった
相模縦貫道が出来て随分と変わっちゃった
20140903 打越峠DSC_1106.jpg
相模津久井湖北岸側を走る


相模津久井湖北岸側は少しアップダウンはあるけどダンプとか大型車両は少なく気持ち良く走れる
20140903 打越峠DSC_1120.jpg

北岸側の休憩スポット
20140903 打越峠DSC_1128.jpg
御覧の様に足の長さに応じて腰掛がある

このランナーさんと抜きつ抜かれつのデッドヒート
20140903 打越峠DSC_1122.jpg



515号の狭い道
20140903 打越峠DSC_1132.jpg
地元の方が結構かっ飛ばす
軽自動車同士でもすれ違えないような狭さ
私は絶対に車で入ろうなんて思わないけどね

20140903 打越峠DSC_1136.jpg
水場は今日も豊富に
いつもなら水汲みの方を何人か見かける


はい、お約束です
20140903 打越峠DSC_1139.jpg
見覚えがある方も多いですね
色んなブロガーさんが撮ってるのですがだいぶ朽ちてきました


名手橋
20140903 打越峠DSC_1144.jpg

名手橋から見る津久井湖
20140903 打越峠DSC_1145.jpg
写真じゃ解り辛いと思いますが
例年通りアオコ大発生


で、尾崎記念館
20140903 打越峠DSC_1153.jpg
ここで大休憩
(ちなみに写真撮る度に結構休んでます)



何時もの水神さま
20140903 打越峠DSC_1158.jpg
この後三ケ木から愛川方面に


今日もアンパンには少し早かった様です。
20140903 打越峠DSC_1168.jpg


気持ちい下りがギューン
20140903 打越峠DSC_1176.jpg

ギューン

ギューン

20140903 打越峠DSC_1180.jpg
勿論下りが有れば嫌〜な上りもあります
メンドクサイ時は押し歩けば良いんです!

暫く走っているとコレ↓
20140903 打越峠DSC_1183.jpg
そう、この看板が目印
ココを左折

すると角のGSにこんな車も
20140903 打越峠DSC_1185.jpg
さて、私にはよく解りませんがシャコタンブギに出てきそうな車ですね


少し入って行くと雰囲気が良くなっていきます
20140903 打越峠DSC_1187.jpg

日陰で休憩
20140903 打越峠DSC_1191.jpg
残っていたパンを補給
あとで食べる為のカップラーメンも勿論用意してあります。

一度座っちゃうと中々立てません
結構な大休憩

天気は曇ったり晴れたりと過ごしやすい感じ


さて、行きますか!

多少民家が見えますが少しずつ雰囲気が出てきます
20140903 打越峠DSC_1199.jpg
軽い上りが続きます


20140903 打越峠DSC_1201.jpg
何だか少しだけ人里離れた感が


天気は良くなってきました
20140903 打越峠DSC_1205.jpg


道祖神的な石碑や小さな鳥居もあちらこちらにチラホラ
20140903 打越峠DSC_1207.jpg


暫くすると舗装路終了
20140903 打越峠DSC_1212.jpg

う〜ん、想定外
舗装路は終わると思ってたんですがこれ程にも雑草オンパレードな入り口が待っているとは思いませんでした。
イメージしていたのはただ単にガレたダート

どうしましょ?
正直言ってヤマビルとか厄介だしな〜
蛇とか出たらヤダな〜
そうだ、乗れる所はどんどん乗ってサーッと終わらせよう!

この考えが後で悲劇を生む事になる


蜘蛛の巣だらけの気味の悪い草むらを走り抜ける
腕に大きな雑草がバッシ!
一瞬で腕が赤くなる
ミミズ腫れ確定
先程確認したらこんなになってる…
20140903 打越峠DSC_1249.jpg
昨晩消炎剤タップリの湿布を貼っておいて正解だったようだ




打越峠到着〜
20140903 打越峠DSC_1214.jpg
自転車に跨ったまま写真を
そして進む
進む


20140903 打越峠DSC_1215.jpg


進む

調子に乗って進む
20140903 打越峠DSC_1217.jpg

この辺までは何とか調子よく…


なぜかバンバン!と…
狩人さんでも居るのかな?

20140903 打越峠DSC_1218.jpg

そして
「そろそろヤバいかな?」
降りよう
・・・と思った時
あれ!
下りの傾斜が思ったよりキツイ

やばい!

あ、ダメだ…

そう思った瞬間ウォーズマンの気持ちが良く解った
20141001ハリケーンミキサー.jpg

この道↓
20140903 打越峠DSC_1220.jpg

う…
幸いヘルメットは被っていたし大した事ないと思った
しかし、
あれ?


立ち上がれない!
息がオカシイ…

思わず出た言葉は・・・
20141001やっちまったな.jpg
そう、やっちまった
着地の際に肘が肋骨に
ハンドルが恥骨に(イッテェェェ スゲー痛い)

そう、問題は肋骨
肋骨って簡単なんだよね〜

立てない
ヤバイな・・・
ヤバいけど痛いな〜

立てないがこのままではヤマビルとか怖い
蛇とか変な虫も怖い

何とか自転車を杖代わりに立ち上がる
呼吸を整える

折れてるか?
ヒビかな?
結構私は肋骨をやっちまうプロ
もう何度も経験している(自慢にならん)
肋骨は・・・
それ自体は痛くないんですよ(思ったよりはね)
息したり体をねじったりする時に激痛がくるんですよ
クシャミなんてしたら大変です
咳払いも出来ません

何とかゆっくりと呼吸を整える
自転車は・・・
取り敢えず大丈夫だ(地面は土だし)

そして私は知っている

そう、今私には大量のアドレナリンが出ている事を!

アドレナリンが出ている間にこの森を抜けなくてはならない事を

だって…

後で凄く痛いんでしょ〜って事を!

しかし折角雰囲気が良いので写真は何枚か撮ろう
20140903 打越峠DSC_1221.jpg



良い九十九折りだ

おお!これも私好みな感じ♪
20140903 打越峠DSC_1223.jpg
峠の登り口には「馬坂」と書かれている
20140903 打越峠DSC_1226.jpg
昔は馬で上ったのか?
お馬さんも大変だな〜
20140903 打越峠DSC_1228.jpg
鳥居が有って階段の上には祠でもあるのだろうか?

ここで森は終わる


民家に行く途中のイノシシトラップ
20140903 打越峠DSC_1229.jpg
電流ビリビリマシーンだな!
先程からバンバンと鳴っていたのはこのトラップなのか?
よろけて触っては大変な事になる
クロモリば電流通しそうだしね


そして民家を抜け
中津川まで出た

平山大橋の手前の公園のようなスペースに滑り込む
すすすす、水道が無い…
田代運動公園には水道があるが…
少しでも家路に近い方が良いだろう
水道は高田橋までお預けだ!

兎に角状況を把握しよう
自転車は
フレーム、変速機系は大丈夫
さ、サドルが
20140903 打越峠DSC_1230.jpg
う〜ん、どこのブログ探しても私のブルックスちゃんが一番ボロボロだな…
ま、暫くすればjam汁で色はまた馴染んで行くだろう

フロントバッグ
20140903 打越峠DSC_1232.jpg
若干泥っぽい

ズボンは
20140903 打越峠DSC_1235.jpg
ま、こんなモノだな

思い切ってシャツを脱いでみた
20140903 打越峠1409704383477.jpg
背中が汚れている
これは上手く汚れを落としておかねばバレるな…

靴や靴下にはヤマビルは居ない様だ
出血も無い(くるぶし若干擦り傷)
見えない所に打撲的な痛さが満載
しかし上手くやればバレナイな(笑

中津川から相模川へ
何故か途中で両足に違和感
立ち止まると同時に両足攣りました(涙

足がつったら治すのは簡単
(人目さえなければ)
ココを読んでる方にはお教えしましょう!
攣ったら脚とは逆の○ャンタマ袋をギュッと上に引っ張る
あ〜ら不思議、攣った足が直ぐに元通り



そして高田橋
高田橋の田名側には公共のキレイなトイレが二か所あります
そこで汚れを落とし
河原で休憩
20140903 打越峠DSC_1241.jpg

どうにか昼前には帰宅
嫁は出かけていたのでダッシュでシャワー
何事も無かった様に過ごす

しかしアレです
横になったりするとデスネ
ヒジョーに痛いんですよ
立ってる時は良いんですが上半身の荷重を上半身で支える時の姿勢が辛い
うつ伏せで寝れない、横も向けない
なので睡眠時は完全に仰向け
仰向けで寝続けるって結構辛いっすよ〜
オシリや背中が痛くなります
あくびも中々出来ません

でも、何事も無かった様に過ごす
そして何事も無かった様に出社

さっき車のシートリクライニングしたら痛くて戻せませんでした(泣
何か時間たってきたら色んな所が痛くなってきた〜
そんなこんなで咳払いとクシャミに細心の注意をしながら過ごしております(笑

最大のミッションはこの事が嫁にバレない様に過ごす事、
遊びに行って怪我してるおバカさんですが非常に大事な事なんですよ〜


あ、一応自分なりに反省はしてますよ。


もっと黒ハートランドナー黒ハートなブログはコチラのランキングにいっぱいあります!
にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ
にほんブログ村
色んな自転車ブログを徘徊目するなら
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
そして訪問先でまたポチッとブログランキングのバーナーをクリックすると!?
(ブロガーさん達が元気になります!)

posted by jam at 18:52| Comment(34) | TrackBack(0) | サイクリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月31日

夏休み終了

娘が飼っていたクワガタ、あべボビーと言う名前なんですが夏休みん終了と共に天に召されました。
あべって?
ボビーって!?
何処から命名されたのか謎です。

さて、夏休みが終わります。
何度かプールに行ったりしましたがあんまり外では遊べなかったです
宿題は昔に比べて全然少ないのです、絵日記とかポスターとかヌルイヌルイ
そうは言っても家族一丸となってなんとか・・・

主なお出かけは大垂水峠でもおなじみの
高尾山口前のトリックアート美術館
20140817181004673.jpg

意外に楽しめますがココはスマホかデジカメを参加者全員で持って行く事を進めます。
20140817181010058.jpg

20140817181020606.jpg

高尾山は上りませんが登山ルートに入る前の茶屋にてアイス
20140817181045790.jpg
ウッドデッキが川にかかってて気持ち良いんです(ハチが飛んできますけど)


お約束の花火
20140817181050626.jpg
100円ショップ様の花火は一人っ子に丁度良いっす。

横浜の恐竜展にも行きました
20140817181058341.jpg
何故か娘は恐竜とエジプトの展示には目が無い
私は全くアレなんですが…
20140817181103776.jpg
他に大した所は行きませんでしたが何となく娘も満足したみたいだし良しとしましょう。

ちなみにこの夏一番気になった一枚
20140817181030980.jpg
非喫煙者の方には解らないかもしれませんが
タイムスリップ感満載です。

もっと黒ハートランドナー黒ハートなブログはコチラのランキングにいっぱいあります!
にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ
にほんブログ村
色んな自転車ブログを徘徊目するなら
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
そして訪問先でまたポチッとブログランキングのバーナーをクリックすると!?
(ブロガーさん達が元気になります!)

posted by jam at 16:12| Comment(13) | TrackBack(0) | 家族サービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月18日

二十曲峠 2014夏

あら?
すっかり半月ぶりの更新になっちゃいましたね、
お待たせしました〜

ストップ ザ シーズンインザ サァァァァアン
な、夏休みっすね
サマータイムブルースです、ね!

さて…前置きはこの程度にして。

先週は一週間ほど夏休みでした
長い休みはお金が無くなるので迷惑ですね(笑
家族サービスを無難にこなし(後日UP予定)
サイクリング

と、言っても中々日程が取れずに
実家に遊びに行った翌日8月13日にその日を迎える訳なんですが
当日の朝になってお許しが出たのでもう大変
だって前日は実家でいっぱい食べちゃって
(出されたものは全て食べつくす主義 家族の分も!)
胃が痛い・・・
朝になって急に言われたから用意もしてないし
(実は緊急用にコッソリ事は進めていたが)
時間はもうすぐ8時だし…
花子とアンを見逃しつつ車に自転車を積み込みアクセルを踏む

道志を進む
夏休みの道志は車もバイクもローディーも多いですね
「このクソ暑いのに〜アンタも好きね〜」と思いつつハンドルを握る
渋滞は無いけどたま〜に煽って来るバイクや豆腐屋…いやスポーツカー
若干ムキになりそうな自分を抑えつつ安全運転
ようやく山中湖に着いた

そう、今年の夏は
スバルラインじゃ無い!

山中湖に車を停め休憩
湖を一周するサイクリングロードはレンタサイクルで結構賑わって楽しそう

残念ながら富士山は見えない
2014二十曲峠DSC_0796.jpg
富士山は多分正面に居るはずなんだけど…



車から自転車を降ろす
時間はもう直ぐ11時になろうとしている
2014二十曲峠DSC_0801.jpg

サイクリングコースを少し走りウォーミングアップ
2014二十曲峠DSC_0804.jpg

適度に動いたら忍野村方面へ入って行く
2014二十曲峠DSC_0812.jpg
車道と少し距離を置いて平行に走る遊歩道?だかサイクリングコースだか?
ひと気は無い、車道は観光客でいっぱい
山中湖花の公園ってヤツらしいな
でもこの遊歩道的な道は5〜10mごとに継ぎ目があって結構な振動
ロードの方は通らない方が良いかも知れません。

観光スポットを抜け少し住宅街を抜けると
一面の田んぼ
2014二十曲峠DSC_0818.jpg
誰も居ない
車も居ない
自転車もバイクも居ない
気持ち良い位に真っ直ぐ



そして直ぐに登りが始まります
あ、今日の目的地は二十曲峠
二十曲峠は多くのブロガーさん達が訪れていますね
殆どの方は私とは逆ルート
2014二十曲峠DSC_0824.jpg
なぜ、二十曲峠か?
「スバルラインから逃げるなら富士山の見える道を走れ」
(多少脚色)
と、去年コメントを頂いたような・・・

ダラダラ坂が続きます


走ってる間はほぼ眺め無し
ちなみに結構キツイっす
スポーツドリンクがドンドン減っていく
2014二十曲峠DSC_0828.jpg
熱中症になってしまうと不味いので適度に休憩を繰り返します
不思議なくらいにバイクも自転車も来ませんね
車が2台くらい通ったかな?
ジメジメと暑さが効いてきた頃
到着!
2014二十曲峠DSC_0829.jpg
峠の頂上には東屋と鳥居(上に神社でもあるのかな?)
そして薀蓄↓
2014二十曲峠DSC_0830.jpg
フムフム、ナルホド〜


そしてお約束の


お約束の


おや…


おおお?




2014二十曲峠DSC_0833.jpg
きっと心のきれいな方には素晴らしい富士が見えて居るはず
ほ〜ら、雄大な富士が…
勿論ココで思い出す一言は「雲が邪魔」
(解る人だけわかって下さい、このワードを記憶していた自分がニクイ・笑)


そして立派な東屋でコーヒー&ランチタイム(オニギリ)
2014二十曲峠DSC_0836.jpg
心のきれいな私には見える!
きっと見えてた…

そして東屋で随分と長い時間休憩をする事にした
(この時点で東屋貸切、東屋横にお昼寝中の車一台と峠手前に家族連れ車一台)

暫くして2杯目のコーヒーと残ったオニギリを食べようとしたところ一台の自転車が!
むぎわら帽にプロムナードバー
「こんにちは」と声をかける
立て掛けてある自転車をベンチに座りながら横目で…
おっと、キャノンデール!?
(以下、便宜上所有者様をキャノンデール氏と呼ぼう)

むぎわら帽子でっせ、近所の方の日課のようなサイクリングだと思いますよね?
で、何処からいらっしゃったのか尋ねる
するとキャノンデール氏の口から出てきた言葉は聞きなれた
SAGAMIHARA
しかも詳しく町名を聞いたら我が実家と丁目違い
な、何と言うご近所さん!

そして驚く事に自走

だめですよ〜
自走なんて、私の立場が…(大した立場じゃないが)
キャノンデール氏のキャノンデールはツーリング用、700×35
タイヤの太さは私と一緒ですね
普段はロードもお持ちで、学生時代にはランドナーにも乗っていたとの事
年齢も私よりチョッピリ上

思わず楽しくて随分とキャノンデール氏を引き留めてしまいました
(私の悪い癖ですが話に夢中で、名乗りもしないし写真も撮らなかった事が悔やまれます)

キャノンデール氏から少し遅れて私も出発
2人とも都留市側に下ります

※二十峠は絶対に都留市側に下った方が楽しいと思います


時折ぱらっと来たような来ない様な感じですが雲行きは怪しいので辛い上りが無い事を祈りつつ見知らぬ道へ
2014二十曲峠DSC_0840.jpg
ほ〜ら色んなパターンの切通しが楽しいです!


陽が出たりで無かったりしますが下りなので涼し〜
2014二十曲峠DSC_0847.jpg

気持ち良く永遠と下ります
2014二十曲峠DSC_0849.jpg
調子に乗らない程度のスピードで下ります

勿論ノーペダリングで殆ど行けちゃう♪
2014二十曲峠DSC_0851.jpg
苔も良い感じ〜
2014二十曲峠DSC_0855.jpg
切通し好きには堪りませんな!

2014二十曲峠DSC_0859.jpg

上ってくる車も自転車も居ません
2014二十曲峠DSC_0866.jpg

滝だか堰だかも有ったり、沢も有ったり
2014二十曲峠DSC_0871.jpg

きっとコイツは一本杉とか呼ばれているんだろうな…多分
2014二十曲峠DSC_0872.jpg

緑の中を気持ち良く走る
いや、ホント気持ち良いんですよコノ下り
2014二十曲峠DSC_0875.jpg
おっと、いつの間にかキャノンデール氏を何処かで抜かしていたようだ
写真を撮ろうと停車すると後ろからキャノンデール氏が一声かけて走って行った
2014二十曲峠DSC_0877.jpg
↑も道の向こ〜うの真ん中に小さく赤く見えるのがキャノンデール氏

しばらくこんな感じの舗装された下りを楽しむ
2014二十曲峠DSC_0882.jpg

と…
ココからは暫く写真が無い
突然キャノンデール氏が停まっている?
目の前はいきなりダート
お互いに事前に調べてきたルートだが若干半信半疑
いや、事前に調べると解ると思うがこの峠道途中でピストンすると思われる分岐が地図上にはあるのだ。
それが頭の片隅に有る為余計慎重になる。
「多分コッチで有ってますよ」と適当な事を言ってみる
内心、間違っていても2人いるから心強い
そしてダートの下りをキャノンデール氏とランデブー
常時キャノンデール氏の先行
氏のライディングをトレース、
楽だ…
凄く楽だ♪
ベテランさんの後ろは楽だな〜
一人で下りのダートだったらコケたりしたら泣いてるよな〜
結構長いダート
途中で見える沢や川が美しい、写真撮る余裕は無かったが
深い緑の川は一瞬だが素晴らしく綺麗だった
暫くしてダートを終え
一般道へ
139号線手前でキャノンデール氏は右折し都留方面へ
私は左折し山中湖方面を目指す


2014二十曲峠DSC_0883.jpg
三つ峠?
何処が峠だ?とツッコみながら走っていたが後から調べたら三つ峠山ってのがあるらしい。
そんな事も知らずに「三つ峠も制覇!」とおバカな私(笑


あ、雲行きが…
2014二十曲峠DSC_0887.jpg
↑の写真の中央部に凄くかすかに富士山が…


街中の小川もジャブジャブ
2014二十曲峠DSC_0892.jpg
水量が激しいぞ、
どっかで降ってるんですかね?


な、何だこれは!
2014二十曲峠DSC_0895.jpg
く、黒い
真っ黒なテルテル坊主!?

晴れて欲しいのか欲しくないのか解らないじゃないか!
どっちかって言うと不吉な感じがしなくもないぞ
って言うかかなり雲行きが…
2014二十曲峠DSC_0898.jpg
しかし、結構辛い
疲れた
雨が降る前にデポ地に戻りたいが結構疲れた

あ、どんどん真っ黒クロな雲が…
2014二十曲峠DSC_0901.jpg
もう、普通に道ばたで休んじゃう


もう、車道走る気力ないっす
嗚呼、雲が〜
2014二十曲峠DSC_0903.jpg
超徐行運転で歩道を…
あ、犬の散歩のお姉さんに追いつかれそうだ

頑張ってペダルを踏む

え〜良い面倒だ
2014二十曲峠DSC_0904.jpg
アルコウ

少しして復活!

忍野方向に流れ込みます

2014二十曲峠DSC_0905.jpg
忍野方面は雰囲気良いのですが
観光客多過ぎ
涼しい感じがする場所です
人が少ない時にウロチョロしたいな〜



さ、最後の力を振り絞りダラダラと山中湖へとペダルを踏むと、
も〜う、親切って言うかアリガタ●●●●って言うか
2014二十曲峠DSC_0907.jpg
デポ地前にこんなの見せられちゃうと一気にやる気が無くなりますね


それでも何とか山中湖

2014二十曲峠DSC_0909.jpg

ほ〜ら、心のきれいな貴方には見えますね
この雄大な富士山が!
(ほら、真ん中辺に良く見ると頭だけ!)


その後車で休憩
道志へ向かう
途中でお土産を買い忘れた事に気が付き道の駅へ
ご当地スナックを一応買っておこう

目薬とシーブリーズで気合いを入れて何とか帰ってきました
疲れたな〜

ま、こんな感じの夏休みサイクリングでした。
二十曲峠、気に入りました!
兎に角東屋からの都留方面への下りは最高!

もっと黒ハートランドナー黒ハートなブログはコチラのランキングにいっぱいあります!
にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ
にほんブログ村
色んな自転車ブログを徘徊目するなら
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
そして訪問先でまたポチッとブログランキングのバーナーをクリックすると!?
(ブロガーさん達が元気になります!)



posted by jam at 18:56| Comment(24) | TrackBack(0) | サイクリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。