2014年08月18日

二十曲峠 2014夏

あら?
すっかり半月ぶりの更新になっちゃいましたね、
お待たせしました〜

ストップ ザ シーズンインザ サァァァァアン
な、夏休みっすね
サマータイムブルースです、ね!

さて…前置きはこの程度にして。

先週は一週間ほど夏休みでした
長い休みはお金が無くなるので迷惑ですね(笑
家族サービスを無難にこなし(後日UP予定)
サイクリング

と、言っても中々日程が取れずに
実家に遊びに行った翌日8月13日にその日を迎える訳なんですが
当日の朝になってお許しが出たのでもう大変
だって前日は実家でいっぱい食べちゃって
(出されたものは全て食べつくす主義 家族の分も!)
胃が痛い・・・
朝になって急に言われたから用意もしてないし
(実は緊急用にコッソリ事は進めていたが)
時間はもうすぐ8時だし…
花子とアンを見逃しつつ車に自転車を積み込みアクセルを踏む

道志を進む
夏休みの道志は車もバイクもローディーも多いですね
「このクソ暑いのに〜アンタも好きね〜」と思いつつハンドルを握る
渋滞は無いけどたま〜に煽って来るバイクや豆腐屋…いやスポーツカー
若干ムキになりそうな自分を抑えつつ安全運転
ようやく山中湖に着いた

そう、今年の夏は
スバルラインじゃ無い!

山中湖に車を停め休憩
湖を一周するサイクリングロードはレンタサイクルで結構賑わって楽しそう

残念ながら富士山は見えない
2014二十曲峠DSC_0796.jpg
富士山は多分正面に居るはずなんだけど…



車から自転車を降ろす
時間はもう直ぐ11時になろうとしている
2014二十曲峠DSC_0801.jpg

サイクリングコースを少し走りウォーミングアップ
2014二十曲峠DSC_0804.jpg

適度に動いたら忍野村方面へ入って行く
2014二十曲峠DSC_0812.jpg
車道と少し距離を置いて平行に走る遊歩道?だかサイクリングコースだか?
ひと気は無い、車道は観光客でいっぱい
山中湖花の公園ってヤツらしいな
でもこの遊歩道的な道は5〜10mごとに継ぎ目があって結構な振動
ロードの方は通らない方が良いかも知れません。

観光スポットを抜け少し住宅街を抜けると
一面の田んぼ
2014二十曲峠DSC_0818.jpg
誰も居ない
車も居ない
自転車もバイクも居ない
気持ち良い位に真っ直ぐ



そして直ぐに登りが始まります
あ、今日の目的地は二十曲峠
二十曲峠は多くのブロガーさん達が訪れていますね
殆どの方は私とは逆ルート
2014二十曲峠DSC_0824.jpg
なぜ、二十曲峠か?
「スバルラインから逃げるなら富士山の見える道を走れ」
(多少脚色)
と、去年コメントを頂いたような・・・

ダラダラ坂が続きます


走ってる間はほぼ眺め無し
ちなみに結構キツイっす
スポーツドリンクがドンドン減っていく
2014二十曲峠DSC_0828.jpg
熱中症になってしまうと不味いので適度に休憩を繰り返します
不思議なくらいにバイクも自転車も来ませんね
車が2台くらい通ったかな?
ジメジメと暑さが効いてきた頃
到着!
2014二十曲峠DSC_0829.jpg
峠の頂上には東屋と鳥居(上に神社でもあるのかな?)
そして薀蓄↓
2014二十曲峠DSC_0830.jpg
フムフム、ナルホド〜


そしてお約束の


お約束の


おや…


おおお?




2014二十曲峠DSC_0833.jpg
きっと心のきれいな方には素晴らしい富士が見えて居るはず
ほ〜ら、雄大な富士が…
勿論ココで思い出す一言は「雲が邪魔」
(解る人だけわかって下さい、このワードを記憶していた自分がニクイ・笑)


そして立派な東屋でコーヒー&ランチタイム(オニギリ)
2014二十曲峠DSC_0836.jpg
心のきれいな私には見える!
きっと見えてた…

そして東屋で随分と長い時間休憩をする事にした
(この時点で東屋貸切、東屋横にお昼寝中の車一台と峠手前に家族連れ車一台)

暫くして2杯目のコーヒーと残ったオニギリを食べようとしたところ一台の自転車が!
むぎわら帽にプロムナードバー
「こんにちは」と声をかける
立て掛けてある自転車をベンチに座りながら横目で…
おっと、キャノンデール!?
(以下、便宜上所有者様をキャノンデール氏と呼ぼう)

むぎわら帽子でっせ、近所の方の日課のようなサイクリングだと思いますよね?
で、何処からいらっしゃったのか尋ねる
するとキャノンデール氏の口から出てきた言葉は聞きなれた
SAGAMIHARA
しかも詳しく町名を聞いたら我が実家と丁目違い
な、何と言うご近所さん!

そして驚く事に自走

だめですよ〜
自走なんて、私の立場が…(大した立場じゃないが)
キャノンデール氏のキャノンデールはツーリング用、700×35
タイヤの太さは私と一緒ですね
普段はロードもお持ちで、学生時代にはランドナーにも乗っていたとの事
年齢も私よりチョッピリ上

思わず楽しくて随分とキャノンデール氏を引き留めてしまいました
(私の悪い癖ですが話に夢中で、名乗りもしないし写真も撮らなかった事が悔やまれます)

キャノンデール氏から少し遅れて私も出発
2人とも都留市側に下ります

※二十峠は絶対に都留市側に下った方が楽しいと思います


時折ぱらっと来たような来ない様な感じですが雲行きは怪しいので辛い上りが無い事を祈りつつ見知らぬ道へ
2014二十曲峠DSC_0840.jpg
ほ〜ら色んなパターンの切通しが楽しいです!


陽が出たりで無かったりしますが下りなので涼し〜
2014二十曲峠DSC_0847.jpg

気持ち良く永遠と下ります
2014二十曲峠DSC_0849.jpg
調子に乗らない程度のスピードで下ります

勿論ノーペダリングで殆ど行けちゃう♪
2014二十曲峠DSC_0851.jpg
苔も良い感じ〜
2014二十曲峠DSC_0855.jpg
切通し好きには堪りませんな!

2014二十曲峠DSC_0859.jpg

上ってくる車も自転車も居ません
2014二十曲峠DSC_0866.jpg

滝だか堰だかも有ったり、沢も有ったり
2014二十曲峠DSC_0871.jpg

きっとコイツは一本杉とか呼ばれているんだろうな…多分
2014二十曲峠DSC_0872.jpg

緑の中を気持ち良く走る
いや、ホント気持ち良いんですよコノ下り
2014二十曲峠DSC_0875.jpg
おっと、いつの間にかキャノンデール氏を何処かで抜かしていたようだ
写真を撮ろうと停車すると後ろからキャノンデール氏が一声かけて走って行った
2014二十曲峠DSC_0877.jpg
↑も道の向こ〜うの真ん中に小さく赤く見えるのがキャノンデール氏

しばらくこんな感じの舗装された下りを楽しむ
2014二十曲峠DSC_0882.jpg

と…
ココからは暫く写真が無い
突然キャノンデール氏が停まっている?
目の前はいきなりダート
お互いに事前に調べてきたルートだが若干半信半疑
いや、事前に調べると解ると思うがこの峠道途中でピストンすると思われる分岐が地図上にはあるのだ。
それが頭の片隅に有る為余計慎重になる。
「多分コッチで有ってますよ」と適当な事を言ってみる
内心、間違っていても2人いるから心強い
そしてダートの下りをキャノンデール氏とランデブー
常時キャノンデール氏の先行
氏のライディングをトレース、
楽だ…
凄く楽だ♪
ベテランさんの後ろは楽だな〜
一人で下りのダートだったらコケたりしたら泣いてるよな〜
結構長いダート
途中で見える沢や川が美しい、写真撮る余裕は無かったが
深い緑の川は一瞬だが素晴らしく綺麗だった
暫くしてダートを終え
一般道へ
139号線手前でキャノンデール氏は右折し都留方面へ
私は左折し山中湖方面を目指す


2014二十曲峠DSC_0883.jpg
三つ峠?
何処が峠だ?とツッコみながら走っていたが後から調べたら三つ峠山ってのがあるらしい。
そんな事も知らずに「三つ峠も制覇!」とおバカな私(笑


あ、雲行きが…
2014二十曲峠DSC_0887.jpg
↑の写真の中央部に凄くかすかに富士山が…


街中の小川もジャブジャブ
2014二十曲峠DSC_0892.jpg
水量が激しいぞ、
どっかで降ってるんですかね?


な、何だこれは!
2014二十曲峠DSC_0895.jpg
く、黒い
真っ黒なテルテル坊主!?

晴れて欲しいのか欲しくないのか解らないじゃないか!
どっちかって言うと不吉な感じがしなくもないぞ
って言うかかなり雲行きが…
2014二十曲峠DSC_0898.jpg
しかし、結構辛い
疲れた
雨が降る前にデポ地に戻りたいが結構疲れた

あ、どんどん真っ黒クロな雲が…
2014二十曲峠DSC_0901.jpg
もう、普通に道ばたで休んじゃう


もう、車道走る気力ないっす
嗚呼、雲が〜
2014二十曲峠DSC_0903.jpg
超徐行運転で歩道を…
あ、犬の散歩のお姉さんに追いつかれそうだ

頑張ってペダルを踏む

え〜良い面倒だ
2014二十曲峠DSC_0904.jpg
アルコウ

少しして復活!

忍野方向に流れ込みます

2014二十曲峠DSC_0905.jpg
忍野方面は雰囲気良いのですが
観光客多過ぎ
涼しい感じがする場所です
人が少ない時にウロチョロしたいな〜



さ、最後の力を振り絞りダラダラと山中湖へとペダルを踏むと、
も〜う、親切って言うかアリガタ●●●●って言うか
2014二十曲峠DSC_0907.jpg
デポ地前にこんなの見せられちゃうと一気にやる気が無くなりますね


それでも何とか山中湖

2014二十曲峠DSC_0909.jpg

ほ〜ら、心のきれいな貴方には見えますね
この雄大な富士山が!
(ほら、真ん中辺に良く見ると頭だけ!)


その後車で休憩
道志へ向かう
途中でお土産を買い忘れた事に気が付き道の駅へ
ご当地スナックを一応買っておこう

目薬とシーブリーズで気合いを入れて何とか帰ってきました
疲れたな〜

ま、こんな感じの夏休みサイクリングでした。
二十曲峠、気に入りました!
兎に角東屋からの都留方面への下りは最高!

もっと黒ハートランドナー黒ハートなブログはコチラのランキングにいっぱいあります!
にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ
にほんブログ村
色んな自転車ブログを徘徊目するなら
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
そして訪問先でまたポチッとブログランキングのバーナーをクリックすると!?
(ブロガーさん達が元気になります!)



posted by jam at 18:56| Comment(24) | TrackBack(0) | サイクリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月01日

3時間だけですが

先日の休みは嫁が渋谷までコンサートを見に行くと言う事で昼前には出かけるとの事です。

朝、6時に家を出る、
「9時過ぎには帰ってきます」
とは言ったのは良いが冷静に考えると3時間…
片道1時間半?
う〜ん、行先も決まって無いのになぁぁぁぁ

取り敢えずペダルを回す
何だか久しぶりで全然ノッテ来ない
城山湖でも行ってダラダラしようかと思ったが少し喝を入れよう
少しだけですよ
と、言う事で新小倉橋へ
IMG_20140731_150344.JPG
相模縦貫道開通したんでしたね
いや〜自然をぶった切る大胆なデザイン
人類の力を自然に知らしめてるかのような…
もう少し何とかならなかったのかな〜

な〜んて思いながらここまで来ると引き返すには坂を上らなくては行けないので否応なしに先に進む
県道510号をハッ、ハッ、フィ〜っとひたすら漕ぐ
途中で三増トンネルへ降りようか?
いやいや今日は串川まではガンバロ♪

串川からオギノパン方面に
IMG_20140731_150129.JPG



早すぎたか・・・開いてない



その後愛川方面を流す
IMG_20140731_150045.JPG
愛川地区は良いね〜
走っていて気持ちが良いって言うか何か落ち着く
中津川も今日は人が少ない
IMG_20140731_145957.JPG
そろそろ折り返しだね

相模川へ
IMG_20140731_145923.JPG
鮎釣りの方が数名
高田橋を渡って土手で休憩
ゲートボールの練習を眺めながら暫くボーっとします
IMG_20140731_145845.JPG
シーブリーズとサングラス
意外に調子いいっすよ、108円のサングラス!

IMG_20140731_145817.JPG

この後は大島側に少し上ってから帰宅
家の近くで少し時間が有ったのでコンビニへ


IMG_20140731_145719.JPG
フタバのチョコバナナアイス(62円)
旨いっす!

その後無事9時には帰宅できました。

朝のうちだけですが暑い
一日中走ってるなんて考えられな〜い

その後、嫁を送り出し
娘とプールへ
2時間程浮いてきました。

もっと黒ハートランドナー黒ハートなブログはコチラのランキングにいっぱいあります!
にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ
にほんブログ村
色んな自転車ブログを徘徊目するなら
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
そして訪問先でまたポチッとブログランキングのバーナーをクリックすると!?
(ブロガーさん達が元気になります!)
タグ:ランドナー
posted by jam at 17:18| Comment(12) | TrackBack(0) | サイクリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月03日

相模湖弁天橋で色々と

数日前に「今度の水曜日、子ども会の用事で出かける=運転手よろしく」
と、嫁から告げられた
時間を聞くと11時ぐらいらしい
って事はですよ、それまでの間は出かけて良いって事ですね!

6時に目が覚め、「10時までに帰りますぞ」と告げて出発
最近は天気が悪い日が続いてますが出発時も曇り空
時間的にも遠出は出来ないし、どこ行きましょう?

城山でも行きますか?
否、城山湖はいざって時(どんな時?)用にとっておこう
津久井湖を越えて中の商店街の広場へ
一服しようと自販機を・・・
な、何だこの自販機!?


IMG_20140703_105740.jpg
道路から見えたダイドーの後ろにチェ、チェリオ!
何のためのトラップなんだ?

413号線の祥泉寺の坂をエスケープするためにオザキブラザーズ、いや尾崎記念館方面へ
又野を回っていく
IMG_20140703_105708.jpg
とりあえず水神さまの水場です

近くの畑に大きな花がいっぱい
IMG_20140703_105652.jpg
農家のオジサンに聞いたところハナアオイって言うらしいです


道志橋を越え、阿津の信号を右折
IMG_20140703_105627.jpg
トンネルをひとつ抜ける
若柳トンネルだっけ?

トンネルを抜けると足元に観音様?お地蔵さん?
IMG_20140703_105555.jpg
目の前には桂橋
IMG_20140703_105544.jpg

桂橋を渡らずに左折していく道があります
相模湖プレジャーフォレストの裏を通って行くイメージです。

IMG_20140703_105505.jpg
車の通りが少ない抜け道的な感じですね
ただ、カーブが気持ち良いのでしょうかスピードだしてる車も居ますので気は抜けません

途中林道の入り口のようなゲートがチョイチョイ
IMG_20140703_105453.jpg
若干興味ありますがヤマビルシーズン真っ只中なので冬まで楽しみにしておきましょう


しばらく行きますと養護学校が見えてきます
IMG_20140703_105443.jpg
探していたのはココです

道しるべ↓どうぞ
IMG_20140703_105426.jpg

養護学校の横にある小道を入って行きますとこんな車止め
IMG_20140703_105412.jpg
養護学校の職員の方も出勤時間ですかね
一人に声をかけて
「弁天橋ってここから行けます?」
と、尋ねるとちょっと不思議そうな顔で「はい、行けますけど…」


何で不思議そうな顔かは直ぐに解りました

そう、自転車行くような道ではない
IMG_20140703_105400.jpg
激坂

超激坂


IMG_20140703_105335.jpg
一般道では考えられない傾斜です

15や20%なんて傾斜ではなさそうです
IMG_20140703_105316.jpg
間違っても自転車にまたがって下りてはいけないくらいの激坂です
歩いて下りるのに非常に気を使う位の坂です

坂を下るとちょっとしたスペースが踊り場的にあります
そこからは二手に分かれます
一方は
IMG_20140703_105304.jpg
シングルトラックというのか獣道って言うか…


もう一方は階段地獄
最初は石の段

IMG_20140703_105253.jpg

しばらくすると丸太の階段
IMG_20140703_105148.jpg

あ、橋が見えた

階段はまだ続きます
IMG_20140703_105130.jpg
途中段が崩れたり、段がやたら高かったりちょっと怖いです

いや〜久しぶりにいっぱい担ぎましたよ




IMG_20140703_105051.jpg
腰にキテます

やっと来ました
弁天橋です
弁天橋については
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f7488/p27951.html
IMG_20140703_104727.jpg

休日にはハイカーの方も多くいらっしゃるんですかね、
平日の朝っぱらは私一人です
IMG_20140703_104738.jpg
相模湖から津久井湖に向かうエリアです
IMG_20140703_104805.jpg
真ん中のあたりに一人バサーが居ます

気持ち良い
天気も良くなって非常に気持ち良い

と、思ったのもつかの間・・・

これから始まる弁天橋の恐怖


まず手始めに
橋を渡りきろう目に飛び込んできたのは・・・
IMG_20140703_104817.jpg
え、行き止まり!?行き止まりって…

一瞬、さっき下りてきた激坂を登らなければいけないのか?と途方にくれます

おっ?
よく見ると
IMG_20140703_104716.jpg
右側にちゃんとルートがあるじゃ…

と、少し行くと

ななな、なんじゃ!?IMG_20140703_104703.jpg
画像じゃわかり辛いですね、
もう45度くらいあるんじゃね?な下り
しっかり自転車担いでこけない様にズリズリ下りていきます

な、何か気配が!?IMG_20140703_104647.jpg
なぜか一羽のチャボが足元に
一瞬ドキッとしました

で、何故かですね
転々とお地蔵さんが
IMG_20140703_104605.jpg
普通はこういう時って道の脇とかに立ってますよね?
普通に平地に点々と
IMG_20140703_104523.jpg
お地蔵さん…

そして少し平地になった休憩スペースに朽ち果てそうな小屋…
IMG_20140703_104533.jpg
な、なんでTシャツ干してあるんだよ〜

よく見ると小屋の奥におじさんが2人
ビックリしてギャーって言いそうになった


話しかけないのもアレだし…
と、挨拶をする
ついでに道を尋ねる
jam「千木良側に出たいんでしけど行けますか?」
オジサン「行けるよ、そっちの橋わたればイケルイケル」
jam「自転車もって行けますかね?」
オジサン「その自転車なら乗って行けるよ!」<
乗っていける程の道なのか、いや〜ホッとしました

・・・ん、オジサン何者?
おじさんに言われた小さな橋
IMG_20140703_104625.jpg




橋に上がると3段ほどの滝が見える
IMG_20140703_104441.jpg

橋の下は渓谷チック
IMG_20140703_104350.jpg

橋を渡ると地道の上り、自転車で行けるのか?
オジサン、流石に乗らないよ〜(笑
な〜んって思いながら・・・


IMG_20140703_104306.jpg

ガレてきた…
IMG_20140703_104250.jpg
まだまだ続くよ

IMG_20140703_104232.jpg
結構な傾斜だ

IMG_20140703_104207.jpg

さっきの滝を上から望む
IMG_20140703_104146.jpg

ごろた石ゾーン
IMG_20140703_104121.jpg
どこが「自転車で・・・」だぁ?
騙しやがったな!

IMG_20140703_104015.jpg
もう、否になってきた
こんな道にはアクティブソルジャーが欲しい

IMG_20140703_103954.jpg

ガレガレゴロゴロ、結構な上り
IMG_20140703_103933.jpg

お地蔵さん…
IMG_20140703_103901.jpg

ゴロゴロエリア
IMG_20140703_103822.jpg

根っこトラップ
IMG_20140703_103749.jpg
根っこトラップゾーンは自転車の横には着けない細さです

そして
すのこゾーン
IMG_20140703_103737.jpg
油断すると隙間にタイヤがハマりそう


程なくして民家の庭先の様な所を経て

IMG_20140703_103724.jpg
神社のトイレの前に出ます

IMG_20140703_103708.jpg

そのまま住宅地を走ると見慣れた千木良の診療所

IMG_20140703_103652.jpg

桂橋を渡って帰宅
IMG_20140703_103215.jpg
10時には家に着きました

さて…
実は今回のサイクリングですが道も中々ですが
問題が一つ
私、最近写真はスマホで撮ってます、まぁデジカメと同じようなものですね
デジカメってピントとか合ってなくてもボケボケでもとり合えずは撮れるじゃないですか
撮れますよね?
普通は…
で、ですね
何故か一枚だけ、
そう撮影したのは三段の滝のところから上がっていくお地蔵さんの後ぐらいなんですけど
一枚だけ一見真っ黒な写真があったんですよ
真っ黒に写るなんてデジカメではあんまり体験した事が無いんですけど
で、ですね
画像処理してみたんです
影を消す設定で思いっきり明度を上げて
そうしたら
写ってました…
紫色の画面に
「あ、完全に…」
って言うのが
写ってました
初体験です
ブログに載せようか迷いましたが
手を合わせて消去しました

あるんですね〜
私は霊感とかまったく信じてないんですけど
そう言えば昨日は帰ってからちょっと調子悪かったし…



と、短い時間でしたが
激坂・チャボ・謎のオジサン・ガレガレの道・・・と、写真
中々てんこ盛りな体験でした。



ブログランキングに参加しておりますが
ま、気が向いたらで構いませんので下のリンクからどうぞ


色んな自転車ブログ↓
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

ポタリングなブログ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


ランドナーなブログ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ
にほんブログ村

初心者なオイラも↓
にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
にほんブログ村
posted by jam at 16:41| Comment(29) | TrackBack(0) | サイクリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。