2014年09月25日

多摩湖&狭山湖

何故だ!?
水曜日、完全寝坊して妻子が何時も起きる時間(6時40分)より少し前に目が覚めた。
目が覚めて起き上がるまでの時間も以前は15分程かかったが今はジワジワと起きれば一分ぐらいで起きれる
しかし、こんな時間に起きてしまっては・・・

なのに何故だ?

「ちょっと行って来ます」と告げると何も反論が無い

オカシイ…

逆に変に緊張感を覚えてしますじゃないか

そそくさと準備をして家を後にする

マンションの下に自転車を降ろして、前日にコンビニのクジで貰った缶コーヒーを飲みながら行先を考える。

天気予報では午前20%、午後50%


取り敢えず走り出したのは国道16号、八王子との境の御殿峠方向
鑓水の信号から野猿街道方面に向かう
DSC_0005.jpg
思いのほか陽射しも強くウインドブレーカーを早くも脱いだ

全国交通安全週間ですね
至る所にお巡りさんがウロチョロ
野猿街道は比較的アップダウンが少なく走り易い

途中で適当に曲がって見ようと思っていたんですがボケボケ走っていたら多摩川に着いちゃいました。
DSC_0013.jpg

「今日の多摩川」です。
DSC_0017.jpg
府中四谷橋を渡り、多摩サイにて一休み
平日なので通勤の自転車が多く走っています
勿論ローディーさんも結構いらっしゃいますね

CRに腰掛けてスマホの地図をチェック
関戸橋フリーマーケットや京王閣などで盛り上ってる方向にして見ようかな?
それともベロクラフトでも行っていようか?

一度休憩モードに入ると長いです
ブロ友さん達の更新チェックしたり
そろそろ行先決めなくっちゃ…

そうだ、多摩湖に行ってみよう!
なぜ、多摩湖か?
フフフフ、
フフフフフフ、
知りたいですか?
実は…特に意味は無いんです(笑

多摩湖の隣の狭山湖には何度か行った事がありますが多摩湖を目標に定めるのは初めてです。
いつもは八王子バイパスから行くので今回は見知らぬ道を走って行く事になりますね
スマホのナビを一応セットして出発です。
(スマホホルダー無いからたまに確認する程度ですが)


多摩サイを少し上流へ
中央道をくぐった辺りから街中へ進む
DSC_0021.jpg
うむ〜全く良く解らない所を進んでいる
途中に公園が有ったので少し休憩
DSC_0023.jpg
スマホを確認して一応の方向はあってる様なので一安心。



街中に何故か用水路?小川?
DSC_0019.jpg
矢川緑地という公園的な場所だ
東京の住宅街にこんなに気の利いた場所があるのか!と羨ましく思ってしまう

東京の住宅街をポタリング
何だか町行く方々すべてがお金持ちに見えてしまう(笑


暫くすると玉川上水駅に出てきた、
少し手前に駅を渡れそうな地下道の入り口(道路と並んでそうな)を発見、ココから入って行けば線路の向こうに行けるのか?
そうなのか?
そうなんだろ?
そう言って欲しくて自転車整理のオジサンに道を尋ねると
「こっち!」とエレベーターを指差した
私は地下道を指差してほしかったんだけど、あの地下道じゃ向こうへはイケナイって事かい?

オジサンに従いエレベーターへ
DSC_0031.jpg
が、狭いんだよな〜
自転車を乗せる前提のエレベーターってもう少し奥行がね〜

まぁ東京の土地は驚くほどの金額だと言うからエレベーターも狭いのかも知れない。
DSC_0032.jpg
駅の通路には自転車は「降りて」と掲示してあるので通る事は大丈夫のようだが…


が…


が、通路から降りようと次のエレベータへ行くと
DSC_0034.jpg
時間制限あるじゃんよ〜!?
まだ10時にはなっていない

ショウガナイな〜

幸い近くの階段に利用者が少なかったので自転車を担いで降ろす



その後モノレールに沿ってまっすぐ走っているうちに多摩湖の近くまで来た
良く解らないうちに自転車道?に乗りこんな所に…
DSC_0040.jpg
車がビュンビュン走ってる…
う、私のイメージした多摩湖と違う!
私のイメージしてた多摩湖はどこだ?
この橋、村上ダム?はビュンビュンして怖い、するとこんな階段が!?
DSC_0041.jpg
「そうか、私の多摩湖はこの階段を下りるとあるのだ!!」
早速下に降りてみる
ほ〜ら、私のイメージ…
DSC_0043.jpg

ん?

あれれ??

違う違う!
そうじゃ、そうじゃな〜い♪

20141001tigausoujanai.jpg
この時の鈴木雅●って38歳なのね?
随分大人っぽいって言うか貫禄あるな〜
(別にファンでもなんでも無いっす)



私が思い描いてる多摩湖ってのは

http://chari-tama.blog.so-net.ne.jp/2014-09-23
↑こんな感じの所
(アンプ犬さんに飛びます)

※後から調べてみると私のイメージする多摩湖は西武遊園地側の様でした。



イメージとのギャップに耐えられない私はそそくさと多摩湖を後にします
すると右手に何やらデッカイ物体が!?
西●警察!?
20141001danntyou .jpg
否、西武ドームだ!
DSC_0048.jpg
野球に全く興味が無い私でも知っている

オーオーオー ライオンズ
ライオンズ ライオンズ
ミラクルなんちゃら、奇跡を呼んで〜♪

そのライオンズの西武球場だ、
そう言えば狭山湖からも見えていた気がする
余談ですが西武時代の細かった清原って小野やすしに似てましたね。

ドームの前のファミマにて食べ物を少し購入

何か解らんが激坂付の最短コースと思われる道で狭山湖を目指す
DSC_0049.jpg
この寺の前に団子のノボリが…
先に見つけていたら団子も良かったかもしれないな(ネタ的に)、そんな事を思いつつ進む


そして何時ものお約束ショット!
DSC_0052.jpg


堤防にはバードウォッチングのカメラマンが多く
ようやく一つ空いたベンチを確保

本日はちょっと贅沢
DSC_0053.jpg
以前、テレビで見たので思い切って買ってみたが中々旨かった、流石プレミアム!
(ま、ボリュームさえあれば私はほぼ旨く感じるのだが)

時計を見ると
DSC_0059.jpg
そろそろ帰らないとマズイな

帰りはいつものように狭山湖から真っ直ぐ八王子を目指す
多分これが一番早いルートだろう
この場合一番きついのは八王子バイパスのダラ坂
高確率で私は押しますけどね

で、不思議な光景を目にしました
バイパス沿いの歩道
普段は利用者はそれほど多くは無いと思います
御殿山峠を貫くそのバイパスは左右に小さな山があります
そして当然の様に数百とも思える栗のイガイガが・・・!?



しかし、不思議な事に一つとして中身が無いんです!
DSC_0065.jpg

ほら、全く中身が無いんですよ〜
DSC_0064.jpg
これは宇宙人の仕業か?
今日はきっと台風で栗もさらに落ちた事でしょう、
明日の明け方覗きに行くと宇宙人と遭遇できるかもしれませんね!

幸い走っている間は雨は降って来ませんでした
お昼位から風はだいぶ強くなりましたが実際に振って来たのは帰宅後
焦りまくって帰ったため以外にも13時チョイ過ぎには帰宅完了しました。

えー、体調の方は肺を大きく膨らませる様な深呼吸は痛みを感じますが
普通にしてる分には大分平気です。
匍匐前進は未だできませんが、少し痛いのを我慢すればうつ伏せにもなれるようになりました。


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ
にほんブログ村
posted by jam at 17:22| Comment(26) | TrackBack(0) | サイクリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月18日

体調確認ポタ

ちょっち、先に言い訳を(笑
スマホのカメラの設定を変えたらやけに細長くなっちゃったので見辛い写真もあるかと思います。

先日の打越峠での自爆から早2週間
相変わらず肋骨は痛い、寝返りがうてないのと、クシャミが大変。
寝返りがうてないとですね、仰向けで寝てるんですがうっ血っぽく体が痛いんです。
ちなみに寝癖も後頭部だけ酷いんです(笑
しかし季節は夏から秋へ
サイクリングの気持ち良い季節ですね、じっとして入られません
リハビリ&体調確認ポタに行きましょう!

朝、4時半にセットした目覚ましは役に立たず結局6時少し前に起床
うっ!
なんと得意の匍匐前進ができません!?
結局嫁も起きてしまいました
もちろん「ちょっとだけ出かけてきます」と丁寧に告げましたが
「止めておけ!」と・・・
「いや〜そこを何とか」
そうこうしている間に娘が起きる時間になりまして嫁は娘の方へ

ちゃ〜んす!

玄関を出る寸前に大きな声で「行ってきま〜す」

何とか無事?に家を送り出してもらいました(笑

しかしながら空は
1410997765130.jpg
完全に曇ってますね
遠出する気ももともと無いし今日はちょっと変ったご近所ポタ
まずは町田街道を越えて多摩境の駅まで
多摩境駅ってのは平成3年に出来た比較的新しい駅です、
相模原から東京に入る境です
若干小高い丘になってる幹事なんで必ず坂を上らなくてはいけません
1410997765884.jpg
普段は大きい通りを走って行きますが工事と体調を考慮して(逃げ口上)
住宅街をうろつきますが・・・
1410997766444.jpg
坂は必ずやってくる
1410997767034.jpg
もう部外者が入ってこないような細い道で写真なんか撮ってますとご近所さんの視線が痛い
1410997767675.jpg
多摩境駅周辺は小山と言う地域なのですがその名の通り小さい山です。
1410997901614.jpg
だましだまし上り、たまに担ぎます
1410997905531.jpg
駅の高さまで出てきました、ご存知の方にはコストコの通りの高さのエリアです。


もう一段上がると戦車道(尾根道)に出ます。
1411027441201.jpg

尾根道は小山内裏公園とつながってます、小山内裏公園内はいくつかの小径が入り組んでいますが鮎の道を選択。

1410997902692.jpg




しばらくうろつくと
池がありますが雰囲気が最高!
1410997904448.jpg

何が最高か?

こんな池見ちゃったらペンシル投げたくなっちゃいますね♪
しかしながら釣りは禁止です、勿体無いな〜


その後、小山内裏公園から隣の南大沢駅方面に向かいますが
全て緑道というか複数の公園が繋がっていて気持ちよい雰囲気です。


1410997903622.jpg
なんだか井の頭公園の近所みたいに良い雰囲気です
しかし蚊も多いのでシーブリーズタイム!
1410997937341.jpg
もちろん時刻は通勤通学時間真っ只中
多くの住人が緑道を通って駅へ向かいます
そこでシーブリーズタイムをしながら写真撮ってるオヤジは変な目で見られて当然ですね(笑



暫くすると南大沢駅
駅を超えて住宅地を走ります

ちなみにご近所ではない方は全く見当がつかないと思いますので一寸だけ解説
南大沢、簡単に言うと多摩ニュータウンの西部
もともとは平成ぽんぽこりんの舞台にもなった様な小さい山々があり、谷戸を形成し
その後開発によって今のような住宅街になった地域です。
5年通らないと方向が解らなくなる程しょっちゅう道が出来てます。

※尾根幹(ベビザラス)から町田街道への坂は新しい道の工事中で車道は危険、歩道も狭く片側だけなので違う道を選択することを薦めます。


そんな南大沢地区
小さい山というか丘と丘をつなぐ遊歩道がたくさん目に入ります

1410997936690.jpg

1410997939509.jpg

歩道の名前が塚とか谷戸とか気になりますね!
ちょっと通ってみると緑が多い・・・?

と、すぐにこんな雰囲気の所にも迷い込めます
1410998016808.jpg
ほ〜ら、雰囲気ありますね
1410998015018.jpg
すぐに幹線道路にも出られますが良く見ると気になる入り口が?
1410998015958.jpg
丘沿いの自然を利用した公園になってます。
1410998013996.jpg
スズメバチが元気に飛び回っていました。
ちなみにここは清水入緑地って公園です。

そこからすぐそばの長池公園に移動

1410998035787.jpg
夕陽展望台で大休憩。

朝のお散歩人を横目に食べるカップラーメンは最高(笑
1410998036844.jpg
長池公園は禁止事項が少ない公園で助かります。
(直火は×)


長時間ここで日本の未来と消費税について考えながらボケーっと過ごして帰宅。



ちなみに体調のほうはそこそこ自転車に乗っても大丈夫そうです。
担ぎもOK、上りは殆ど無かったので次回様子を見ながらチャレンジっす。
ただ寝返りが…(泣













もっと黒ハートランドナー黒ハートなブログはコチラのランキングにいっぱいあります!
にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ
にほんブログ村
色んな自転車ブログを徘徊目するなら
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
そして訪問先でまたポチッとブログランキングのバーナーをクリックすると!?
(ブロガーさん達が元気になります!)
posted by jam at 19:05| Comment(23) | TrackBack(0) | サイクリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月04日

打越峠で打ったのは?

「生きる事、それは日々を告白してゆく事だろう」
かつて尾崎豊はそう言っていた


「ブログ、それは間抜けな事告白して行く事だろう」
多分そうだろうと思って私はブログを続けてる。

ま、今回のネタはそう言う事で色々な意味で私らしいと言うか…
さて、発表しない事も一つの選択肢だけど、オイラのキャラ上の問題で秘密にしてはイケナイ気もした。
「またかよ!」
「いい加減にしろ!」
そんな声も聞こえてきそうなネタだが、それが私の生きる道

ま〜いぃ うえぇぇぇい〜




さて、昨日のサイクリングのお話

夏休みに二十曲り峠に行って以来のサイクリング
そうそうエムピーさんも先日行っていた
朝5時半に目が覚める
行先を決めかねていた、兎に角走り出す
ついつい行先を考えながら走っていると津久井湖の方に来てしまった
相模縦貫道が出来て随分と変わっちゃった
20140903 打越峠DSC_1106.jpg
相模津久井湖北岸側を走る


相模津久井湖北岸側は少しアップダウンはあるけどダンプとか大型車両は少なく気持ち良く走れる
20140903 打越峠DSC_1120.jpg

北岸側の休憩スポット
20140903 打越峠DSC_1128.jpg
御覧の様に足の長さに応じて腰掛がある

このランナーさんと抜きつ抜かれつのデッドヒート
20140903 打越峠DSC_1122.jpg



515号の狭い道
20140903 打越峠DSC_1132.jpg
地元の方が結構かっ飛ばす
軽自動車同士でもすれ違えないような狭さ
私は絶対に車で入ろうなんて思わないけどね

20140903 打越峠DSC_1136.jpg
水場は今日も豊富に
いつもなら水汲みの方を何人か見かける


はい、お約束です
20140903 打越峠DSC_1139.jpg
見覚えがある方も多いですね
色んなブロガーさんが撮ってるのですがだいぶ朽ちてきました


名手橋
20140903 打越峠DSC_1144.jpg

名手橋から見る津久井湖
20140903 打越峠DSC_1145.jpg
写真じゃ解り辛いと思いますが
例年通りアオコ大発生


で、尾崎記念館
20140903 打越峠DSC_1153.jpg
ここで大休憩
(ちなみに写真撮る度に結構休んでます)



何時もの水神さま
20140903 打越峠DSC_1158.jpg
この後三ケ木から愛川方面に


今日もアンパンには少し早かった様です。
20140903 打越峠DSC_1168.jpg


気持ちい下りがギューン
20140903 打越峠DSC_1176.jpg

ギューン

ギューン

20140903 打越峠DSC_1180.jpg
勿論下りが有れば嫌〜な上りもあります
メンドクサイ時は押し歩けば良いんです!

暫く走っているとコレ↓
20140903 打越峠DSC_1183.jpg
そう、この看板が目印
ココを左折

すると角のGSにこんな車も
20140903 打越峠DSC_1185.jpg
さて、私にはよく解りませんがシャコタンブギに出てきそうな車ですね


少し入って行くと雰囲気が良くなっていきます
20140903 打越峠DSC_1187.jpg

日陰で休憩
20140903 打越峠DSC_1191.jpg
残っていたパンを補給
あとで食べる為のカップラーメンも勿論用意してあります。

一度座っちゃうと中々立てません
結構な大休憩

天気は曇ったり晴れたりと過ごしやすい感じ


さて、行きますか!

多少民家が見えますが少しずつ雰囲気が出てきます
20140903 打越峠DSC_1199.jpg
軽い上りが続きます


20140903 打越峠DSC_1201.jpg
何だか少しだけ人里離れた感が


天気は良くなってきました
20140903 打越峠DSC_1205.jpg


道祖神的な石碑や小さな鳥居もあちらこちらにチラホラ
20140903 打越峠DSC_1207.jpg


暫くすると舗装路終了
20140903 打越峠DSC_1212.jpg

う〜ん、想定外
舗装路は終わると思ってたんですがこれ程にも雑草オンパレードな入り口が待っているとは思いませんでした。
イメージしていたのはただ単にガレたダート

どうしましょ?
正直言ってヤマビルとか厄介だしな〜
蛇とか出たらヤダな〜
そうだ、乗れる所はどんどん乗ってサーッと終わらせよう!

この考えが後で悲劇を生む事になる


蜘蛛の巣だらけの気味の悪い草むらを走り抜ける
腕に大きな雑草がバッシ!
一瞬で腕が赤くなる
ミミズ腫れ確定
先程確認したらこんなになってる…
20140903 打越峠DSC_1249.jpg
昨晩消炎剤タップリの湿布を貼っておいて正解だったようだ




打越峠到着〜
20140903 打越峠DSC_1214.jpg
自転車に跨ったまま写真を
そして進む
進む


20140903 打越峠DSC_1215.jpg


進む

調子に乗って進む
20140903 打越峠DSC_1217.jpg

この辺までは何とか調子よく…


なぜかバンバン!と…
狩人さんでも居るのかな?

20140903 打越峠DSC_1218.jpg

そして
「そろそろヤバいかな?」
降りよう
・・・と思った時
あれ!
下りの傾斜が思ったよりキツイ

やばい!

あ、ダメだ…

そう思った瞬間ウォーズマンの気持ちが良く解った
20141001ハリケーンミキサー.jpg

この道↓
20140903 打越峠DSC_1220.jpg

う…
幸いヘルメットは被っていたし大した事ないと思った
しかし、
あれ?


立ち上がれない!
息がオカシイ…

思わず出た言葉は・・・
20141001やっちまったな.jpg
そう、やっちまった
着地の際に肘が肋骨に
ハンドルが恥骨に(イッテェェェ スゲー痛い)

そう、問題は肋骨
肋骨って簡単なんだよね〜

立てない
ヤバイな・・・
ヤバいけど痛いな〜

立てないがこのままではヤマビルとか怖い
蛇とか変な虫も怖い

何とか自転車を杖代わりに立ち上がる
呼吸を整える

折れてるか?
ヒビかな?
結構私は肋骨をやっちまうプロ
もう何度も経験している(自慢にならん)
肋骨は・・・
それ自体は痛くないんですよ(思ったよりはね)
息したり体をねじったりする時に激痛がくるんですよ
クシャミなんてしたら大変です
咳払いも出来ません

何とかゆっくりと呼吸を整える
自転車は・・・
取り敢えず大丈夫だ(地面は土だし)

そして私は知っている

そう、今私には大量のアドレナリンが出ている事を!

アドレナリンが出ている間にこの森を抜けなくてはならない事を

だって…

後で凄く痛いんでしょ〜って事を!

しかし折角雰囲気が良いので写真は何枚か撮ろう
20140903 打越峠DSC_1221.jpg



良い九十九折りだ

おお!これも私好みな感じ♪
20140903 打越峠DSC_1223.jpg
峠の登り口には「馬坂」と書かれている
20140903 打越峠DSC_1226.jpg
昔は馬で上ったのか?
お馬さんも大変だな〜
20140903 打越峠DSC_1228.jpg
鳥居が有って階段の上には祠でもあるのだろうか?

ここで森は終わる


民家に行く途中のイノシシトラップ
20140903 打越峠DSC_1229.jpg
電流ビリビリマシーンだな!
先程からバンバンと鳴っていたのはこのトラップなのか?
よろけて触っては大変な事になる
クロモリば電流通しそうだしね


そして民家を抜け
中津川まで出た

平山大橋の手前の公園のようなスペースに滑り込む
すすすす、水道が無い…
田代運動公園には水道があるが…
少しでも家路に近い方が良いだろう
水道は高田橋までお預けだ!

兎に角状況を把握しよう
自転車は
フレーム、変速機系は大丈夫
さ、サドルが
20140903 打越峠DSC_1230.jpg
う〜ん、どこのブログ探しても私のブルックスちゃんが一番ボロボロだな…
ま、暫くすればjam汁で色はまた馴染んで行くだろう

フロントバッグ
20140903 打越峠DSC_1232.jpg
若干泥っぽい

ズボンは
20140903 打越峠DSC_1235.jpg
ま、こんなモノだな

思い切ってシャツを脱いでみた
20140903 打越峠1409704383477.jpg
背中が汚れている
これは上手く汚れを落としておかねばバレるな…

靴や靴下にはヤマビルは居ない様だ
出血も無い(くるぶし若干擦り傷)
見えない所に打撲的な痛さが満載
しかし上手くやればバレナイな(笑

中津川から相模川へ
何故か途中で両足に違和感
立ち止まると同時に両足攣りました(涙

足がつったら治すのは簡単
(人目さえなければ)
ココを読んでる方にはお教えしましょう!
攣ったら脚とは逆の○ャンタマ袋をギュッと上に引っ張る
あ〜ら不思議、攣った足が直ぐに元通り



そして高田橋
高田橋の田名側には公共のキレイなトイレが二か所あります
そこで汚れを落とし
河原で休憩
20140903 打越峠DSC_1241.jpg

どうにか昼前には帰宅
嫁は出かけていたのでダッシュでシャワー
何事も無かった様に過ごす

しかしアレです
横になったりするとデスネ
ヒジョーに痛いんですよ
立ってる時は良いんですが上半身の荷重を上半身で支える時の姿勢が辛い
うつ伏せで寝れない、横も向けない
なので睡眠時は完全に仰向け
仰向けで寝続けるって結構辛いっすよ〜
オシリや背中が痛くなります
あくびも中々出来ません

でも、何事も無かった様に過ごす
そして何事も無かった様に出社

さっき車のシートリクライニングしたら痛くて戻せませんでした(泣
何か時間たってきたら色んな所が痛くなってきた〜
そんなこんなで咳払いとクシャミに細心の注意をしながら過ごしております(笑

最大のミッションはこの事が嫁にバレない様に過ごす事、
遊びに行って怪我してるおバカさんですが非常に大事な事なんですよ〜


あ、一応自分なりに反省はしてますよ。


もっと黒ハートランドナー黒ハートなブログはコチラのランキングにいっぱいあります!
にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ
にほんブログ村
色んな自転車ブログを徘徊目するなら
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
そして訪問先でまたポチッとブログランキングのバーナーをクリックすると!?
(ブロガーさん達が元気になります!)

posted by jam at 18:52| Comment(34) | TrackBack(0) | サイクリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。