2014年08月18日

二十曲峠 2014夏

あら?
すっかり半月ぶりの更新になっちゃいましたね、
お待たせしました〜

ストップ ザ シーズンインザ サァァァァアン
な、夏休みっすね
サマータイムブルースです、ね!

さて…前置きはこの程度にして。

先週は一週間ほど夏休みでした
長い休みはお金が無くなるので迷惑ですね(笑
家族サービスを無難にこなし(後日UP予定)
サイクリング

と、言っても中々日程が取れずに
実家に遊びに行った翌日8月13日にその日を迎える訳なんですが
当日の朝になってお許しが出たのでもう大変
だって前日は実家でいっぱい食べちゃって
(出されたものは全て食べつくす主義 家族の分も!)
胃が痛い・・・
朝になって急に言われたから用意もしてないし
(実は緊急用にコッソリ事は進めていたが)
時間はもうすぐ8時だし…
花子とアンを見逃しつつ車に自転車を積み込みアクセルを踏む

道志を進む
夏休みの道志は車もバイクもローディーも多いですね
「このクソ暑いのに〜アンタも好きね〜」と思いつつハンドルを握る
渋滞は無いけどたま〜に煽って来るバイクや豆腐屋…いやスポーツカー
若干ムキになりそうな自分を抑えつつ安全運転
ようやく山中湖に着いた

そう、今年の夏は
スバルラインじゃ無い!

山中湖に車を停め休憩
湖を一周するサイクリングロードはレンタサイクルで結構賑わって楽しそう

残念ながら富士山は見えない
2014二十曲峠DSC_0796.jpg
富士山は多分正面に居るはずなんだけど…



車から自転車を降ろす
時間はもう直ぐ11時になろうとしている
2014二十曲峠DSC_0801.jpg

サイクリングコースを少し走りウォーミングアップ
2014二十曲峠DSC_0804.jpg

適度に動いたら忍野村方面へ入って行く
2014二十曲峠DSC_0812.jpg
車道と少し距離を置いて平行に走る遊歩道?だかサイクリングコースだか?
ひと気は無い、車道は観光客でいっぱい
山中湖花の公園ってヤツらしいな
でもこの遊歩道的な道は5〜10mごとに継ぎ目があって結構な振動
ロードの方は通らない方が良いかも知れません。

観光スポットを抜け少し住宅街を抜けると
一面の田んぼ
2014二十曲峠DSC_0818.jpg
誰も居ない
車も居ない
自転車もバイクも居ない
気持ち良い位に真っ直ぐ



そして直ぐに登りが始まります
あ、今日の目的地は二十曲峠
二十曲峠は多くのブロガーさん達が訪れていますね
殆どの方は私とは逆ルート
2014二十曲峠DSC_0824.jpg
なぜ、二十曲峠か?
「スバルラインから逃げるなら富士山の見える道を走れ」
(多少脚色)
と、去年コメントを頂いたような・・・

ダラダラ坂が続きます


走ってる間はほぼ眺め無し
ちなみに結構キツイっす
スポーツドリンクがドンドン減っていく
2014二十曲峠DSC_0828.jpg
熱中症になってしまうと不味いので適度に休憩を繰り返します
不思議なくらいにバイクも自転車も来ませんね
車が2台くらい通ったかな?
ジメジメと暑さが効いてきた頃
到着!
2014二十曲峠DSC_0829.jpg
峠の頂上には東屋と鳥居(上に神社でもあるのかな?)
そして薀蓄↓
2014二十曲峠DSC_0830.jpg
フムフム、ナルホド〜


そしてお約束の


お約束の


おや…


おおお?




2014二十曲峠DSC_0833.jpg
きっと心のきれいな方には素晴らしい富士が見えて居るはず
ほ〜ら、雄大な富士が…
勿論ココで思い出す一言は「雲が邪魔」
(解る人だけわかって下さい、このワードを記憶していた自分がニクイ・笑)


そして立派な東屋でコーヒー&ランチタイム(オニギリ)
2014二十曲峠DSC_0836.jpg
心のきれいな私には見える!
きっと見えてた…

そして東屋で随分と長い時間休憩をする事にした
(この時点で東屋貸切、東屋横にお昼寝中の車一台と峠手前に家族連れ車一台)

暫くして2杯目のコーヒーと残ったオニギリを食べようとしたところ一台の自転車が!
むぎわら帽にプロムナードバー
「こんにちは」と声をかける
立て掛けてある自転車をベンチに座りながら横目で…
おっと、キャノンデール!?
(以下、便宜上所有者様をキャノンデール氏と呼ぼう)

むぎわら帽子でっせ、近所の方の日課のようなサイクリングだと思いますよね?
で、何処からいらっしゃったのか尋ねる
するとキャノンデール氏の口から出てきた言葉は聞きなれた
SAGAMIHARA
しかも詳しく町名を聞いたら我が実家と丁目違い
な、何と言うご近所さん!

そして驚く事に自走

だめですよ〜
自走なんて、私の立場が…(大した立場じゃないが)
キャノンデール氏のキャノンデールはツーリング用、700×35
タイヤの太さは私と一緒ですね
普段はロードもお持ちで、学生時代にはランドナーにも乗っていたとの事
年齢も私よりチョッピリ上

思わず楽しくて随分とキャノンデール氏を引き留めてしまいました
(私の悪い癖ですが話に夢中で、名乗りもしないし写真も撮らなかった事が悔やまれます)

キャノンデール氏から少し遅れて私も出発
2人とも都留市側に下ります

※二十峠は絶対に都留市側に下った方が楽しいと思います


時折ぱらっと来たような来ない様な感じですが雲行きは怪しいので辛い上りが無い事を祈りつつ見知らぬ道へ
2014二十曲峠DSC_0840.jpg
ほ〜ら色んなパターンの切通しが楽しいです!


陽が出たりで無かったりしますが下りなので涼し〜
2014二十曲峠DSC_0847.jpg

気持ち良く永遠と下ります
2014二十曲峠DSC_0849.jpg
調子に乗らない程度のスピードで下ります

勿論ノーペダリングで殆ど行けちゃう♪
2014二十曲峠DSC_0851.jpg
苔も良い感じ〜
2014二十曲峠DSC_0855.jpg
切通し好きには堪りませんな!

2014二十曲峠DSC_0859.jpg

上ってくる車も自転車も居ません
2014二十曲峠DSC_0866.jpg

滝だか堰だかも有ったり、沢も有ったり
2014二十曲峠DSC_0871.jpg

きっとコイツは一本杉とか呼ばれているんだろうな…多分
2014二十曲峠DSC_0872.jpg

緑の中を気持ち良く走る
いや、ホント気持ち良いんですよコノ下り
2014二十曲峠DSC_0875.jpg
おっと、いつの間にかキャノンデール氏を何処かで抜かしていたようだ
写真を撮ろうと停車すると後ろからキャノンデール氏が一声かけて走って行った
2014二十曲峠DSC_0877.jpg
↑も道の向こ〜うの真ん中に小さく赤く見えるのがキャノンデール氏

しばらくこんな感じの舗装された下りを楽しむ
2014二十曲峠DSC_0882.jpg

と…
ココからは暫く写真が無い
突然キャノンデール氏が停まっている?
目の前はいきなりダート
お互いに事前に調べてきたルートだが若干半信半疑
いや、事前に調べると解ると思うがこの峠道途中でピストンすると思われる分岐が地図上にはあるのだ。
それが頭の片隅に有る為余計慎重になる。
「多分コッチで有ってますよ」と適当な事を言ってみる
内心、間違っていても2人いるから心強い
そしてダートの下りをキャノンデール氏とランデブー
常時キャノンデール氏の先行
氏のライディングをトレース、
楽だ…
凄く楽だ♪
ベテランさんの後ろは楽だな〜
一人で下りのダートだったらコケたりしたら泣いてるよな〜
結構長いダート
途中で見える沢や川が美しい、写真撮る余裕は無かったが
深い緑の川は一瞬だが素晴らしく綺麗だった
暫くしてダートを終え
一般道へ
139号線手前でキャノンデール氏は右折し都留方面へ
私は左折し山中湖方面を目指す


2014二十曲峠DSC_0883.jpg
三つ峠?
何処が峠だ?とツッコみながら走っていたが後から調べたら三つ峠山ってのがあるらしい。
そんな事も知らずに「三つ峠も制覇!」とおバカな私(笑


あ、雲行きが…
2014二十曲峠DSC_0887.jpg
↑の写真の中央部に凄くかすかに富士山が…


街中の小川もジャブジャブ
2014二十曲峠DSC_0892.jpg
水量が激しいぞ、
どっかで降ってるんですかね?


な、何だこれは!
2014二十曲峠DSC_0895.jpg
く、黒い
真っ黒なテルテル坊主!?

晴れて欲しいのか欲しくないのか解らないじゃないか!
どっちかって言うと不吉な感じがしなくもないぞ
って言うかかなり雲行きが…
2014二十曲峠DSC_0898.jpg
しかし、結構辛い
疲れた
雨が降る前にデポ地に戻りたいが結構疲れた

あ、どんどん真っ黒クロな雲が…
2014二十曲峠DSC_0901.jpg
もう、普通に道ばたで休んじゃう


もう、車道走る気力ないっす
嗚呼、雲が〜
2014二十曲峠DSC_0903.jpg
超徐行運転で歩道を…
あ、犬の散歩のお姉さんに追いつかれそうだ

頑張ってペダルを踏む

え〜良い面倒だ
2014二十曲峠DSC_0904.jpg
アルコウ

少しして復活!

忍野方向に流れ込みます

2014二十曲峠DSC_0905.jpg
忍野方面は雰囲気良いのですが
観光客多過ぎ
涼しい感じがする場所です
人が少ない時にウロチョロしたいな〜



さ、最後の力を振り絞りダラダラと山中湖へとペダルを踏むと、
も〜う、親切って言うかアリガタ●●●●って言うか
2014二十曲峠DSC_0907.jpg
デポ地前にこんなの見せられちゃうと一気にやる気が無くなりますね


それでも何とか山中湖

2014二十曲峠DSC_0909.jpg

ほ〜ら、心のきれいな貴方には見えますね
この雄大な富士山が!
(ほら、真ん中辺に良く見ると頭だけ!)


その後車で休憩
道志へ向かう
途中でお土産を買い忘れた事に気が付き道の駅へ
ご当地スナックを一応買っておこう

目薬とシーブリーズで気合いを入れて何とか帰ってきました
疲れたな〜

ま、こんな感じの夏休みサイクリングでした。
二十曲峠、気に入りました!
兎に角東屋からの都留方面への下りは最高!

もっと黒ハートランドナー黒ハートなブログはコチラのランキングにいっぱいあります!
にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ
にほんブログ村
色んな自転車ブログを徘徊目するなら
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
そして訪問先でまたポチッとブログランキングのバーナーをクリックすると!?
(ブロガーさん達が元気になります!)



posted by jam at 18:56| Comment(24) | TrackBack(0) | サイクリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
珍しくコメント一番手!(笑
あぁ〜、二十曲峠・・ホントに雲が邪魔ですね-。
もう一度リベンジしようと思ってたのを思い出しました(笑
都留方面への鹿留林道も雰囲気いいですよねー。こちらは車で下見だけしました。
ずーーっと下り基調だったのでデポ地に戻るのが結構しんどいですよね(^^;
Posted by くーまー at 2014年08月18日 19:33
お疲れ様です。
雨は降らなかったようでよかったですね。
車は渋滞が大変ですから次回は輪行でいかがでしょう。
Posted by SC15R at 2014年08月18日 19:34
今晩は
二十曲峠、まだ行った事がありません。良さそうな所ですね。雲がなければ最高でしたのに。
私、大分身体がくたびれてきているので、近年中には秋山から都留に抜けて、河口湖or山中湖、そして道志へ戻るキャンピングをしたいのですが、一寸無理そうですね・・・。
Posted by じーじ at 2014年08月18日 20:38
峠と言ったら、
誰もが日本を代表する歌手 峠二郎の名曲 棟上式を真っ先に思い浮かべると思いますが、、
十二曲峠とは、、中々マニアックですね〜

ところで、珍しくカーサイですね。
しかし、良くこの車に自転車積めましたね
http://blog-imgs-68.fc2.com/k/a/e/kaettazo/20140818211237c7b.jpg
Posted by タマチャリン at 2014年08月18日 21:22
珍しく遠くに行ってますね〜忍野懐かしいな〜25年ぐらい前はフライロッドを持って良く行きました〜(^^)山中湖も良く行きました〜最高48センチ3日間で450本ぐらいバスを釣った事が有ります〜
都留の堰堤でブラウンも釣られたり…今は良い思い出です〜(^^)
Posted by パスハンター at 2014年08月18日 22:30
お疲れ様でした。今日から仕事ですか?
二十曲峠、いい場所ですよね。残念な天気でしたので、ぜひ冬の晴れた日の午前中を狙ってリベンジしてみて下さい。
記事を読みながら峠で再び山中湖に引き返すのかなと思っていたら、都留側へ下るとは。そのあとの山中湖への上りを考えると、う〜んかなりきつかったんじゃないですか。
Posted by うなぎやさん at 2014年08月18日 22:55
富士山!よ〜くみえません!
最近心にみだれがあるようです・・・。


ここはまだ下見してない所でしたね〜。
ピストンなら真似っこできそうです。
雨男さんなのに濡れずに何よりです。

今週も月、火と連休です。
休まなきゃいけないのも疲れます。
Posted by エムピー at 2014年08月19日 08:58
くーまーサン
ご親切なリンクありがとうございます!
ここはリベンジ必要ですね〜
そう、下り基調で走っていると「後でしんどいかも?」とドキドキです(笑
ただ、鹿留林道は下りで楽しむべきですよね〜
Posted by jam at 2014年08月19日 09:22
シルキャンさん
そうですね、輪行覚えなくっちゃ!です。
取り敢えず相模線ってマイナーな単線が我が家の近くに通っているのでそこで練習してみようかなぁ〜と数年前から画策してるんですが(笑
Posted by jam at 2014年08月19日 09:24
じーじサン
山中湖側からでしたら実際は上りの距離も短いし、途中で何度も足つき吸水したからかも知れませんが大垂水峠より楽かも知れません。
(珍しく上りで私が泣きを入れていない状況が全てを語ります 笑)
峠には凄く綺麗なバイオトイレがあります、屋根つきの立派な水場も有りますが水量少なので水は持参して下さい、多くを走るより峠の上での眺めを楽しみながらゆったりと過ごすのもオススメです。
Posted by jam at 2014年08月19日 09:40
タマチャリンさん
やっぱり、峠二郎は上棟式ですよね〜
流石国民的歌手、思わず口ずさんでしまいましたよ。

あーッ!
私とした事が、今回はそっちの車じゃ無くて山道だから馬力が有る方が良いかな?ってコッチの車で行っちゃったんです。
http://jamnojitennsya.up.seesaa.net/image/kuruma10.jpg
ちょっとトランクが狭すぎて厄介でしたよ〜
Posted by jam at 2014年08月19日 09:49
パスハンターさん
自転車乗るより、途中の川など見てると竿を振りたくなる感じしましたよ!
原付でも乗って手竿持ってウロチョロしたい感じの場所ですね。

な、なんと山中湖がそんな時代も有ったんですね、
オカッパリ専門の私には山中湖の地形は結構辛い思い出しかないっす。
Posted by jam at 2014年08月19日 09:55
うなぎやさんサン
ここはリベンジしますよ!
スバルラインを引退したのでコレからは富士を見る方に力を…
って、いつも近くに行くと天気悪いっす(泣
どうしても都留側への下りは体験したかったんですよ!

帰り道はダラダラとキツイ感じですが私レベルでの話ですから普通に考えると非常に楽なサイクリングだと思います。
Posted by jam at 2014年08月19日 10:01
エムピーさん
み、見えませんか!?
それは随分と心に迷いがあるようです。
一度現場を訪れて下さい!
ルートラボを作って見ました
http://yahoo.jp/jJ3JcG
実は距離も大した事ないんです(笑

連休ですか、熱中症と散財にお気を付け下さい。
Posted by jam at 2014年08月19日 10:51
おおっ!長編大作ですやん!!
折角の山中湖なのに富士山ショットが無いのがちょっと寂しいですが、峠を堪能できて良かったですね。
ランドナーブロガー度またまたUPやね。
(田んぼの中の黒いのはカラスに見立てて稲穂を餌にするスズメやその他の鳥除けやね)
Posted by kemakema at 2014年08月20日 12:10
kemakemaさん
去年のスバルライン終了宣言の時にkemakemaさんが「富士の見えるシリーズ」を提案して下さった事忘れてます?
深呼吸してもう一度冷静にご覧下さい、きっと見える!
必ず見える!
真っ暗い雲、高温多湿の疲れた私にはあの田んぼ、悪意のテルテルにしか見えませんでした(笑
Posted by jam at 2014年08月20日 14:29
お疲れ様でした。やはり車でデポするとゆとりができていいですね。若い頃、バス釣りで山中湖や河口湖に良く来ていたことを思い出しました。まさにゲリヤマの4インチグラブのノーシンカ―が私の定番でしたよ。
Posted by チヌ吉 at 2014年08月23日 09:59
チヌ吉さん
4インチをイモにしてスキっピングで河口湖の桟橋下に潜らせるのが大好きでした!
超下手くそなんですけどね、何故かピンクが爆釣してた気がします。
そう言えば河口湖ってワーム禁止になったらしいですね、(ラバージグOkって…)

デポは楽です、途中で雨とか降ったら長距離を自走したく無いし(安全の為にも)、トラックの多い街道等は自転車で走るのが苦痛に感じますので結構宮ケ瀬位の近距離でもデポっちゃいます。
Posted by jam at 2014年08月23日 10:59
ちょっとタイミングずれましたが•••。
良い峠ですよね。あそこは。
しかし、マジですか?あの道を上り返すのって、ちょーダルじゃないですか?私は大月から富士吉田に登る道が大嫌いで何度も泣かされた思い出があります。思い出じゃないか?
どちらかと言うと二十曲峠は、逆コース派です。上りは長いけど、最後を上り詰めてパッと見たら富士山が居る、そんな峠道だと思います。その分、もし雲で見えなかったら、かなり腹立つと思いますけどね。(笑)
Posted by taboom at 2014年08月24日 07:02
taboomさん
流石ご存じなんですね!
私の場合どんなに激坂だろうとユル坂だろうと結局直ぐに押し歩くので短い方をいつも選択します。
和田峠で言えば八王子側からの上りですね、その後の長い下りを何も考えずに下る事だけが楽しみです(笑
今回は峠の東屋で長く休憩し距離は延ばせませんでしたが充分に満足出来ました。
多くの方が訪れる訳ですね〜



Posted by jam at 2014年08月24日 08:54
お初に失礼いたします!
自転車趣味のちいさなブログでございます。
コメントいただきましてありがとうございました。
早速遊びに来てしまいました。
jamさんはランドナー乗りなんですね。渋い!
かっこいいです。
自分はまだまだ遠乗りできる勇気は出ませんが、
(特にクライムが自信ありません泣)
でも脚力つけて頑張りたいとおもいます。
参考にさせていただきたいので、
また読ませていただきます!
よろしくお願いいたします。
Posted by zz128willvs at 2014年08月30日 21:26
zz128willvsさん
よ〜こそ!(ここ清志郎風に)
ロードバイクの事は良く解りませんし、たいして参考になるようなサイクリストでも無いのですがお気楽なダラダラした雰囲気は保証しますので気楽に来て下さいね!
私は知識もほとんど有りませんが私のブログのコメンテーター陣は超強力ですから解らない事が有ればきっと何とかしてくれます…と、思います。
なので、また来て下さいね〜
Posted by jam at 2014年08月30日 21:52
いつも楽しく拝見していますm(_ _)m
ロングライドお疲れ様でした。

鹿留林道・御正体山を見渡す木橋からマス釣り場の間が結構荒れてて気を遣いますよね。。。
富士山が残念でしたけれど、二十曲峠久しぶりに行ってみたいな〜と切なくなる記事でした。
切ないといえば、チビちゃんが鉄砲で撃たれ云々・・・の看板って、林道の入口にまだあるのでしょうか?
おデブさんなので、忍野イコール「うどん」を連想してヨダレが出てしまいます・・・(^ ^;)
ぶたさんはアレのおかげで道志みちや富士みちのダラダラ上りを漕ぐ気力が涌くというか・・・(^ ^;)
Posted by ボラザぢぃ at 2014年09月10日 01:38
ボラザぢぃさん
二十曲峠、初めて行ったんですが気に入っちゃいました。
そうそう、結構下りは荒れていましたがたまたま一緒に走った方が先行して下さったのでトレースする様に走れて安心でした。
今度行った時にはもっとゆっくり下って色々じっくり見たい気もします。

私は道志道を走って行こうなんて考えは全くないのですが(笑
皆さん結構走られているんすよね〜
だから富士方面に行くと
「どこから来たの?」→「相模原」と答えると盛り上がるんです
「へぇ〜そんな所から自転車で!?」って
その後に小さく「いや、そこまで車で…」と毎回の様に現地の方と会話してます(笑
Posted by jam at 2014年09月11日 09:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。