2013年08月25日

「日本の峠200選」シクロツーリスト

ランドナー系の皆さんにはお馴染みのシクロツーリストの10号ですね
さて、ランドナー系自転車に興味のないアナタ
そして「雑誌なんて買わないよ」って言うアナタ
ちょっと今回は最後まで読んでね♪
シクロツーリスト vol.10 Sシクロツーリスト vol.10DSC05714.jpg
さて、シクロツーリストって雑誌について
自転車雑誌は数多く存在しますがちょっと異色と言っても良いと思います
あ、かなり異色かな?
先ずは非常にアスリート的ではありません
プロの自転車レーサーもほぼ出て来ません
異常なスポンサーヨイショも感じられない
だいたい趣味の雑誌っていうか雑誌って近年は半分以上広告みたいな感じじゃないですか?
この雑誌多分スポンサー少ないんですよ(失礼?)
元々ランドナー色が非常に強い雑誌です
が、実は車種に拘らずに楽しめる雑誌だったりします
先にも書きましたが決してアスリート的では無い、スピードや心拍数なんて言葉がふんだんに出て来る雑誌ではありません。
かと言って、街中をオシャレに走るようなファッション的な雑誌でも無いです
上手く言えませんが
自転車で気持ち良く走って時間やスピードではなく何処か少年時代の原風景を探すような旅情を感じる雰囲気と言うのでしょうか?
私自信は自転車を昔から乗っているわけでは無いのですがバイクでも車でも子供の頃の友人とちょっとした冒険遊びをした思い出が片隅にある方なら感じる何かがある雑誌ですね。
シクロツーリスト vol.10 SDSC05717.jpg
そして今回の特集は「峠」
日本全国の峠の特集ですからアナタも知ってる峠もかならずあるでしょう!

で、こちらの雑誌
少し前にTVのニュースで自転車がいっぱい盗まれてオークションに出品されたというの覚えてます?
その被害者であるかたが実はこの雑誌を創っている方です。
年齢的には私と同じくらい、お嬢さんが居るって言うのも共通点を感じます
その方が今までいた会社から独立してあらたに
ひびき出版を立ち上げた一作目が今回の雑誌となる訳です。
はい、お解りですね?
何故こんな事を書いてるか、それはね
売れてほしいんです!
なぜ?
数少ない私のお気に入りの雑誌なので是非成功して頂きたい
いっぱい売れれば…安くなるかも?
いやいや、こう言うニッチな雑誌は最近じゃ中々誕生しないじゃないですか〜(多分)
なので無くなったら嫌なんですよ
え?単なるファンのワガママだって?
はい、そうですよ♪
ただ単に私が読む雑誌が頑張ってくれると良いな〜って事です。
…ま、勝手に応援してる訳ですな

なので買って見ましょ♪
と、言っても中々売っているお店が無いようです
以前の出版社の時も中々売ってませんでしたけど
今回はさらに売っていません
で、何処で手に入れるかって言うと

ジュンク堂書店(丸善)が取り扱いを始めたようです
(是非書店で取り寄せましょう)

東京は吉祥寺のベロクラフトさん

赤羽のバイシクルショップ玄サン

勿論 長谷川自転車商会サン

町田&青山 ケルビムサン

浅草 オオマエジムショさん

江戸川 ライトサイクルさん

西荻窪 今野書店

川崎市高津 シースピードさん

九州の方ばらもんサンで売ってるみたいです!

オンラインショップ
massa's selection と  COMIC ZIN
ってトコで取扱いしてるみたいです

ちなみに私は町田のケルビムさんでようやく昨日GET出来ました

普段入り辛いと思ってるビルダーさんショップに行く口実にもなりますね〜



ちなみにコチラの雑誌の良い所は普通に自転車好きのオジサン達
おっと…
え〜、普通より少しのめり込んじゃったサイクリストの先輩方が記事を書いたりもしています
それが何だかとっても良いと思います。
いや、車種より何より普通の方が書いているって事は凄い事ですよね?
商売っ気の無い趣味人としての記事ですからね!

1つ要望を言わして頂くと
大学のサイクリング部の紹介があるんですが…
今回は大妻女子
女子大の場合はカラーページで写真多めに掲載しようよ!  
なんてね!(笑


もっと黒ハートランドナー黒ハートなブログはコチラのランキングにいっぱいあります!
にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ
にほんブログ村
色んな自転車ブログを徘徊目するなら
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
そして訪問先でまたポチッとブログランキングのバーナーをクリックすると!?
(ブロガーさん達が元気になります!)





posted by jam at 11:14| Comment(28) | TrackBack(0) | 自転車 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
普通に自転車好きのオジサンのひとりです。
まったく同感だったので思わずコメントしちゃいました。
Posted by 黒燕号 at 2013年08月25日 11:58
はじめまして、サネユキと申します。

すごく気になってる本です。欲しいです。
田村さん応援したいんです。
横浜じゃどこで売ってるかな、などと考えてるうちに時が経過してます。
グリーンスタイルさんあたりで売ってれば…
目次には四国のジェームス吉田さんの名前が見えますね。
これは買わないと。
>女子大はカラーページ
激しく同意です。
何とか探してみます。
Posted by サネユキ at 2013年08月25日 12:55
黒燕号さん
はじめまして…え?
あの〜パイプの黒燕号さんですか???
もしそうであれば皆さんのブログでお姿は度々拝見しております。(違ったら失礼しました)
無くなったら嫌ですよね!
編集長さんには頑張って大儲けして頂いて新しい自転車も作って頂きたいです。

同感て…女子大のカラーページの要望じゃないっすね(笑
今後とも宜しくお願いします!
Posted by jam at 2013年08月25日 13:06
サネユキさん
はじめまして!
ゆきまる隊長経由で拝見していたので何だか初めてな気がしておりません。
横浜方面だと丸善(ジュンク堂)を探されるのが一番かと思います。
実際には注文して取り寄せかも知れませんのでご確認を。
何故か雑誌に登場する横浜のミニベロ屋さんが販売店として上がってませんね。
ジェームス吉田さんはもう専属特派員と行って良い位のご活躍ですね!
そうそう、ヤッパリ男っぽい雑誌なので女子大生はカラーに♪
今後とも宜しくお願いします!
Posted by jam at 2013年08月25日 13:15
jamさん はじめまして。その黒燕号です。
こちらこそよろしくお願いします。
「シクロツーリスト」は、サイクルツーリングの楽しさを伝えてくれる伝道師のような雑誌ですね。なんと言っても、初心者にも敷居が高くないところが支持を受けている秘訣でしょうか。
末永く続くよう応援しましょう。
Posted by 黒燕号 at 2013年08月25日 16:42
黒燕号さん
お返事有難うございます。
自転車に興味を持ち始めて間もない私としては田村編集長の出版された「旅する自転車の本」や「シクロツーリスト」はまさに教科書の様に眺めていて大切な存在です。
また、雑誌に協力されているベテラン勢の方々も田村氏のそんなガンバリに共感されているんでしょうね。
ホント、心から末長く続いてほしいと思います!
Posted by jam at 2013年08月25日 17:53
これは知りませんでした

そそられますねぇ〜

この本を買おうと思っていたんですが、、
http://www.kankyo-news.co.jp/gesui.htm

やめてこっちの本を買おうかなぁ、、。
Posted by タマチャリン at 2013年08月25日 18:05
奇しくも自転車盗難の一件で、私も田村編集長さんとシクロツーリスト誌のことを知りました。
ホント応援したい気持ちは同感です。
探してぜひ買いますよ〜( ´ ▽ ` )ノ
Posted by 東風 at 2013年08月25日 18:06
タマチャリンさん
おお!
中々魅力的な雑誌、これは迷いますね〜
その気持ち良く解ります。
実は私はコチラと迷っていました
http://www.451books.com/SHOP/kokesi_02.html
ん〜月末までお小遣いが足りないな〜
Posted by jam at 2013年08月25日 18:22
東風さん
このシクロツーリストともう一つ自転車人と言う雑誌が私が好きで買っている雑誌なのですがどちらも月刊じゃないのでお安くは有りませんがどうにか買い続けられるのと、どちらも非常に写真が素敵な雑誌です。
この二つの雑誌には非常に頑張って頂きたいと思ってます。

田村編集長はあのニュースで自転車界では時の人でしたからね〜
頑張って貰いたいです。
Posted by jam at 2013年08月25日 18:29
jamさん、ご無沙汰しています。
もう、購読済みでいらっしゃいましたか。

実は私もつい先日、池袋のジュンク堂で買いましたよ。
通販系だと、ジュンク堂の通販でも買えるみたいです。

まだ、読んでいないのですが、中身が楽しみっす。
Posted by 流々歩 at 2013年08月25日 18:54
こんばんは。
お買いになりましたか(笑)。

始まりは隣町までのちょっとした冒険でしたね。
峠に向かっているときのわくわくした気持ちはあのころと変わっていないのかもしれません。

それを思い出させてくれる様な雑誌かもしれません。応援していきたいですね。
Posted by SC15R at 2013年08月25日 19:35
お久しぶりです。
東京駅丸の内北口近くのOAZOの丸善(2F売り場)には置いてあります。
Posted by kemu at 2013年08月25日 22:28
編集長は、あの自転車盗難事件の「田村」さんですよね?
ちょっと大きな本屋さんでは、普通に置いてるようです。
ばらもんで売ってるとは、驚きです。
あの小さなお店のどこに、本を置いてるんだろう?ってね(笑)
Posted by たか at 2013年08月26日 08:17
流々歩さん
お久しぶりです。
すでに入手されていましたか、流石です。
最近は「歩き」で頑張ってるようですがそろそろ自転車も復活されてみては?
Posted by jam at 2013年08月26日 09:25
シルキャンさん
やっと購入できました。
小学校が実家の目の前だった私は学区から出ることなんて殆どなく初めて学区を出て道に迷わないように線路沿いを3駅ぐらいの短い距離でしたが自転車で走った時の冒険気分は今も忘れません。
そんな気分を思い出さしてくれる自転車に感謝してますし、その自転車へのモチベーション維持にこの雑誌は欠かせませんので是非応援していきたいです!
Posted by jam at 2013年08月26日 09:34
kemuさん
カップラーメン記事毎回楽しみにしています。
最近は仕事の昼食のカップラーメン率が異常に多くなってきました(笑

都内だと書店で手に取れるんですね!
では、書店の棚でコッソリ平済み面に並べちゃいましょうか♪(ウソです)
Posted by jam at 2013年08月26日 09:39
たかサン
記事内のばらもんの文字色はたかサンのフレームカラーを意識しました、完全にたかサンへの振りです!
是非ばらもんで一度手にとって見てくださいね〜
Posted by jam at 2013年08月26日 09:45
あはははは そうでしたかぁぁ ありがとうございまする。
Posted by たか at 2013年08月26日 11:17
たかサン
はい、是非とも!
Posted by Jam at 2013年08月26日 15:05
投稿内容によってはたった1日でコメント10軒以上になってるんですね!今や押しも押されぬ売れっ子ブロガーのJamさん御見それいたしました!
シクロツーリスト、大きな声では言えませんが小さな声では聴こえない!? コマーシャルが少ないせいか少々お高い雑誌ですね。“峠”の文字が昔々からの愛好者の気持ちをくすぐって結構売れるんじゃないかなあ。当方も欲しいけど、もし買っちゃうとランドナーも欲しくなるだろうなあ。
Posted by kemakema at 2013年08月26日 15:53
今晩は
私もこの雑誌読んでますよ。
ところで、町田のケルビムさんに行ってみたいですね。駐車場ありますか?
Posted by じーじ at 2013年08月26日 20:54
>小学校が実家の目の前
おお、よく似た境遇だぁ。
私は隣が小学校でした。
で、やっぱり近くを通っていた東海道線の線路沿いに走って辿り着いたのは多摩川河川敷。
あれが始まりだったかもです。
Posted by SC15R at 2013年08月26日 21:12
kemakemaさん
はい、押しても押されぬ重量級ブロガーのjamです。
自転車の特製でしょうか最新のコンポなどは必要ない読者が多いのかコマーシャルが少ないですね!
デジカメとかアウトドア用品とかのスポンサーが付けば面白いのにな〜と思ってます。
若干お高いのですが…
いや結構お高いのですが、しっかりとした雑誌なので保存しておくのにも良いと思います。
あ、大丈夫です雑誌買ってもランドナー欲しくなるのは最初の何冊かが強力ですが最近は「ランドナー」と言う言葉はあえて使用頻度を減らしているようでお手持ちの自転車で充分に妄想が出来ます♪
Posted by jam at 2013年08月27日 09:05
じーじサン
おお!読んでいらっしゃいますか〜
ケルビム自体の駐車場は存じ上げませんが、目の前にドラッグストア・モスバーガー・洋品店の入ってる店舗が有りまして無料駐車場が10台分ほどあります。
その隣にコインパーキングがあり、前述のお店で買い物をすれば無料で使えます。
モスバーガーにもドラッグストアーにも用が無くても騙されたと思って洋品店へ!
洋服?違います、倒産品売りの洋品店ですので雑貨・玩具コーナーに妙な掘り出し物が出る事があります♪
Posted by jam at 2013年08月27日 09:19
シルキャンさん
学校が近いと遠くに住んでる友達が羨ましかったですね。
帰り道に何を話してるんだろう?
笛吹いて帰りたいな!
実は寄り道して楽しそうな〜
とか思ってました。
友人数名で線路沿いを走った時私は子供自転車の荷台に父のラジオを縛り付けてアンテナ立てて得意気に走ってました(笑
Posted by jam at 2013年08月27日 09:49
こんにちは〜

私も購入しました。現在熟読中であります。
ベロクラフトさんに赴こうかと思いましたが、
灼熱の?多摩湖CRにビビり。。。ジュンク堂さん
からお取り寄せでした。

創刊号から読み続けています、正にNCのように
細〜く永〜く継続して欲しいものですね。。。
後は、時々「自転車人」。。。昔は随分と
いろいろ読んでましたが〜ゴルフの時と同じで
だんだん読まなくなってしまうんですよね〜
そういうところが、この手の雑誌作りの難しい
ところでありましょうか?
がんばれひびき出版さん!!
Posted by Kba58 at 2013年08月27日 10:41
Kba58さん
私はケルビムさんで購入しましたが本屋さんで買う事の方が意義がある応援かも知れません!
(ウチの近くないんです)
今回は奥武蔵GLなども詳しく乗っていてとても興味が湧いてきますね!
まだまだ峠経験値の少ない私ですが自分で行った事のある峠が紹介されてると嬉しくなっちゃいます♪

ひびき出版さん頑張って欲しいですね〜
Posted by jam at 2013年08月27日 11:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。