2012年09月25日

露呈

最近私の住む神奈川では雨が続いていた
週間の天気予報を見てもいつもの休みは怪しい
そう言えば9月に入って自転車に乗ったのは新調した靴とペダルの様子を見る為に近所を一週り下位ですね
ん〜乗って無いな
10月の一週目の休みは前日にバリウムを飲む予定なのでサイクリングどころではないだろうな
と言う事で急遽昨日休みを取る事にした

そして昨日、週間予報では唯一の晴れマーク晴れ
「のち曇り」は目に入らない。

はい、今回は長いですよ

何処を走るか?
当初車でデポを考えていましたがメーターを見るとあと1メモリ
今月はガソリンを入れる余裕がなさそうなので自走を選択して走る事に
目的地は以前から気になっている巌道峠

先に少し感想を言いましょう
ハッキリ言って自分の限界が見えました
気力・体力・プラン
今後色々と改善しなければならない事をって程感じました


ルートラボにすると走行距離82.5q
最大標高差659m
平均斜度5.6
上りに関してはスバルラインに比べれば楽勝
距離だって江の島に比べれば楽勝
想定時間は5時間30分

ラクラク楽勝♪
「あと、一つ二つ峠でも越えちゃおうかな!」
と、思っちゃった…
そんな甘い考えなんていつも間にか微塵も無くなる事にも気が付かづに…

朝6時半に目を覚まし、幼稚園へ行く準備をする娘
半分手伝いながら自分のサイクリングの準備も済ませる
8時少し前、登園前の慌ただしいさを避けるために一足先に家を出る
コンビニでパンをかじり一服、コレから始まるサイクリングに胸躍らせる。

そして走り出す、時間帯が時間帯なので通学の高校生とルートが重なる
シティサイクルで走る彼ら彼女らの後ろについて走るが意外にも簡単には抜かせない自分の遅さを改めて知る。
「まぁ焦る事も無い、今日は時間がある」
そう言い訳をしながら先へ進む
津久井湖を過ぎ、苦手な祥泉寺の坂を越え道志橋を越える
ルートとしては相模湖プレジャーフォレスト(旧ピクニックランド)から517号線に入る予定ですが少し寄り道
517号線に入る少し手前に石老山山道入り口と言う看板が見える
そこを入ってみる
ua07.jpg
直ぐにこんな感じの橋があり、橋を越えると
ua10.jpg
管理された公衆トイレがある
このトイレはキレイ!
ヘタな飲食店のトイレよりよっぽどキレイだ
何だか良い発見をした気分♪

出来心で少し上がってみると
ua14.jpg
良い感じじゃん!
銚子に乗って
ua18.jpg
流石にコレは大変そうなので引き返す

そして相模湖プレジャーフォレスト(旧ピクニックランド)から517号線に入る
ua22.jpg
林道気分で良い感じ♪
ua25.jpg
ず〜っとこんな道なら良いのに!
坂を下り切ると三差路
ご存知の方も多い唐辛子が見える
ua29.jpg
唐辛子方面に曲がり直ぐに
ua32.jpg
山のはちみつ ほくと蜂舎本店
ここで休憩を兼ねて地図を確認
そうそう
ua30.jpg
(画像が上下逆になってしまった)
たい焼きを一つ補給
80円、かなり小ぶりですが厚みがあります
また、生地にはちみつが入っていてカリカリの食感
旨い!
あ〜こういうネタってポタリングブログって感じで良いな(笑
もう一つ食べようか迷ったが我慢

ua35.jpg
アップダウンを繰り返しながら76号線に入り道志を目指す
ua38.jpg
とても気持ちの良い道だ
ua41.jpg
途中に部落もあり不安も無く走れる
平日と言う事もあるのか自転車乗りには遭わない
ua48.jpg
写真ばっかりで進まない(笑

ススキが秋を感じさせるね
ua51.jpg

ua52.jpg
ua55.jpg
ua57.jpgua62.jpg
橋・トンネル・ダム・河とサイクリングブログ的には中々フォトジェニックな道だ(笑

この後青根から道志道に出る
道志道では自転車を一台見かけた
時間はお昼を過ぎていたので何か補給をしたいが店が無い
途中でキャンプ場に併設した食事処があるが外から見る限りでは値段が解らない(涙
だいたいこういう所ってお高いんでしょ?
そう思い食事は諦めてFバッグからウイダーインを取り出し補給
ま、さっきタイヤキ食べたしね

少し休憩してから再び走り出す
道志道は車が多い
坂も多い
休みの日にはバイクや自転車も多い
正直いってあまり得意では無い

ヘロヘロに坂を登りはしる
途中で道路工事
片道交互通行でガードマンと仮設信号
青になり走り出すがヘロヘロ
私が通過するまで信号機を変える事が出来ないようで前方に待っている対向車がドンドン増えて行く
皆苛立ってるだろうな〜
と、申し訳ない気持ちで走る
工事区間の途中のガードマンが無線で
「自転車一台! まだか〜!!」と叫んでる
大変申し訳ないが心の中で
「未だだよ」と返事をする

工事区間を過ぎて少し走るとあらわれたのは
ua64.jpg
時間は13時を過ぎている
この林道が巌道峠へ続く道、野原林道
ua082.jpg
ココを上って行かなくてはイケナイ
3.5q 上りっぱなし
入口を前に少しだけ休憩
この時点では自分の思っていたペースよりかなり遅れている事も気にならずにいた
そして、何となく余裕さえ感じていた

が、登り始めて直ぐに状況は変わった

ua65.jpg
いくら漕いでも登り
カーブを越えても上り
モチベーションはすっかり下がった

いくら上っても未だまだ
ua084.jpg
落石で道は荒れている

ua66.jpg

3.5qのうち自転車に乗った距離は1/5程度ではないだろうか?
殆ど押しです

何でこんな所に来ちゃったんだ?
もうあきらめて引き返そうか?
下って道志道帰るのも嫌だな〜
あれ?向こうの山に雲が増えてる!?
そう言えば天気予報は晴れのち曇り…
あ〜タクシー来ないかな(笑
だいたい何でもっと素敵で余裕なサイクリングじゃないんだ?
この後相模湖方面に出て和田とか大垂水なんて思ってた自分が恥ずかしい

止まってはイケナイ
時間のロスだ

時計を見ると14時30分を過ぎている

8時に出発し、巌道峠を折り返しと考えると…
あれ?6時間以上経過してるのに
あれ?夕方までに帰れないんじゃない?
あれ、あれ…夕方からところによって雨って言ってたような…

あのカーブまでは漕ごう
あのカーブまでは休みなく押そう

どれ位歩いたか進んだか
後どれ位で峠なんだか
解らない、考えるのも面倒だ
ただ淡々と押す

車は一台も…
勿論自転車も人も見ない

正直車でも来たくない様な道だ(笑
対向車来たら泣くしかないな…

そして押す
また押す

だいたい自転車が重い
フロントもリアもバッグを付けて荷物満載
コレはどうにかならないモノか?
重いんだよな〜
でも、自分では最小限に抑えてる心算なんだけどな〜
重いんだよな・・・

な〜んて愚痴も考えながら押す
押す
押す
何で押す
何で上る
何で何で何で?

少し斜度が緩やかに見えた
サドルに跨りペダルを回す
目の前に見えたのは・・・
ua087.jpg
林道の終点
と・・・下り方面に「通り抜け出来ません」の看板
え?
と思った次の瞬間
右足太ももが攣った!

ヤバイ!
と思った次の瞬間
左足のももが攣った

両足とも攣った

自転車から降りれない(泣
足が上がらない
トップチューブに跨り座り様子を見る壁に手をつき
ゆっくりと自転車から降り
道ばたに大の字になる
車は来ない、人も来ない
大の字に寝ようが問題は無い
問題は無いけどココで動けなくなったら大問題だ
携帯の電波は?
届いて無い(泣

困ったモノだ
大の字になったままタバコに一本
その後少し横になったまま休憩

足をさすり少し動けるようになりFバッグから地図を取り出す
携帯は通話は出来ないがGPSは感度良好だ

工事で通行出来ない下り道意外に横に一本上りが見える
山頂か?登山道か?
「これ以上登りたくないぞ・・・」
そう思って地図を見返す、現在地を理解した
そう、少し上るもう一本の道を10m程行くとソコが巌道峠だった

ua70.jpg
もう疲れと帰る時刻の心配で達成感もくそも無い(笑

一応峠っぽい写真
ua72.jpg

はい、この後は写真を撮る余裕なんてありません
ダッシュで帰らなければ
時計は15時を回っている
家を出る時に帰宅予定を17時と伝えてしまった
携帯の電波が届かず
腹は減り
峠で水は飲みほした
兎に角下る
下る
下る

路面は怖い程に荒れている
道幅が3メートル前後
大きなスイカ位の岩も所々転がり
小さい石を避けたつもりでも
後輪で弾いたり
「パンクしたらどうしよう」
ブレーキはほぼ握りっぱなしだ
振動が凄いな
ちなみにプラスチックをハメ込んだバーエンドは帰ってみたら両方とも無い
落としたようだ
それ位の振動が数キロ続く
不通に怖い
ペダルを踏む事も無く下り続ける
5〜6キロは下ったか?
暫くして秋山温泉と言う所まで来た
「17時には戻れない」
そうメールを入れる
当初 藤野駅まで出て帰るつもりだったけど交通量が多いと嫌なので
午前中に通ったタイヤキ屋方向を目指す
少しの勾配もペダルを漕ぐ力が無い
途中何度も自転車から降りて自転車を押す
午前中に気持ち良く下った道が帰りには地獄のように感じる
数メーター押してはトップチューブに腰を掛ける
そんな事を何度も繰り返す
少し進んでトップチューブ・・・

どうにかこうにか相模湖プレジャーフォレスト前まで戻って来た
津久井街道をひた走る
やはり途中の登りは辛く
焦げなくなる場面も・・・情けない
こんな所で押すとは・・・

身体もあちらこちらが痛い
乗車姿勢も何だかおかしい様な気がする
変なところに力が入っているんだろう
妙に肩こりや首も痛い
目も痛いな
ポジションも考える時になって居るのかもしれないな〜

何だかんだと家に着いたのは18時

雨雲が広がって入るけど無事に濡れる事なく帰宅は出来た

あっちもコッチも痛いが口に出すのはやめよう
何故なら「じゃあ自転車乗らなきゃイイじゃん」と言われるのが落ちだし
遊びに行った身分でグダグダしているのは今後マズイ気がした。

ちなみにケツも痛い


さて、反省
写真をいっぱい撮るとか、荷物が多いとか
言い訳はいっぱい考え付くけど所詮言い訳
ルートラボで5時間半の予想時間に対して
10時間掛かった…
スバルラインの時もそうだけど根本的に人の倍かかるようだ

時間が掛かるだけならまだしも途中で両足太ももが攣るなんて事態が発生した
コレは何なんだ?
運動不足なのか?
太ももを攣るなんて初めてだった

また、補給も少し考えよう
ウイダーインはまた買おう
80qほどのサイクリングは大半のサイクリストから見ると短距離の部類なんでしょうね?
100や、多い方では200なんて方も居ますね
山を走っているんだから半分は上りですが半分は下り
なのに想定したよりも走れなかった

コレが限界
今の私の限界だ
素直に受け入れよう
一日中走れるなんて年に1度か2度なんで次回はいつになるかわからない
今年は多分もう無いだろうな
でも、少し課題を持って走らなければイケナイかも知れない
アスリート的には走れなくても良いし、そんな事を望んではいない
だけど少し力強い走りが出来るようになれば良いな〜
もう少し限界値を上げたいな。

今回、色々弱さや課題が露呈した気がする。


ブロガー達のやる気スイッチです↓
お手数ですが下のバナーをクリックしてもらえると嬉しいです。

色んな自転車ブログが待ってます!
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

ちなみに私は初心者なのでコッチも↓
にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
にほんブログ村

味の濃い〜
ランドナー乗りのブログがいっぱい♪

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ
にほんブログ村
ポタリングって何でしょう?サイクリングの事ですかね?
ポタッとポチっとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

↑私の場合だいたいこの辺りから色んなブログを探してます。






posted by jam at 16:18| Comment(30) | TrackBack(0) | サイクリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
峠お疲れ様でした。
お天気のうちに走ってこれてよかったですね♪
規模はだいぶ違えど、途中でたい焼きを食べたり、だんごを食べたり←だんごは僕でしたw
おやつを挟むとポタリング色が強まって楽しいですよね。お値段もお財布に優しいし♪

80kmは僕にとって、未知の世界なので尊敬します。

あーやっぱり年内には100km走破に挑戦したいです♪←jamさんのブログのコメント欄で宣言するわたくしです。

また、楽しいサイクリングレポ楽しみにしています。
Posted by タカベー at 2012年09月25日 17:29
タカベーさん
いや〜ちょっと情けないレポになっちゃいました。
年内100`宣言受け取りましたよ!

って私はランドナーで100越えは一度しか無いのです(笑
Posted by jam at 2012年09月25日 17:58
お疲れさんでした。
まず、最初に一言・・・・
「充分、立派です。」
ガンドーは、僕は逆コースでしたが、道志側へ下る時
「コッチからじゃなくて良かった〜。」 って思いました。
また、数時間前に同じ秋山温泉界隈を通ってみて初めて
「この道、藤野まで下りだけじゃねえんだ・・・」
ってコトを知りました。(汗笑)
僕も朝のうちは、「未完の笹子の代わりに、もう一丁プラスすべえ。^^」
などと思っておりましたが、暑さも昂じて もう限界で、
唐辛子も 牧馬も・・・逃げました。
秋山街道、ある意味 道志より 恐るべしルートですね。

Posted by 齋藤電鉄ryu at 2012年09月25日 18:14
齋藤電鉄ryuさん
ryuさんとfunaさんの行かれた時の記事を見ていて何時かは私も!とその気になったものの巌道は私には強敵でした、もう途中何度も引き返そうと思いながら押していました。
秋山街道は確かに「ある意味」ナメてかかっちゃイケナイみちですね〜身に染みました。
Posted by jam at 2012年09月25日 18:45
おつかれさまー! 
久しぶりのまる1日の自由な日!?
体全体で満喫されたようですねー
大変だったようですが無事に帰宅で何よりです!(^^)

巌道峠って初めて聞きました。
なかなか道の雰囲気も荒れ具合も雰囲気いいですねー。
力強い感じの名前も◎ですね(^^)
Posted by くーまー at 2012年09月25日 20:21
お疲れ様でした。
十分誇って良いコースと距離ですよ。
雰囲気の良い道で行ってみたくなります。
Posted by SC15R at 2012年09月25日 20:24
ありゃ。奇遇ですねぇ。
私もこの度、峠に出かけてきました。
しかも、同じような敗北感を味わいました。
侮れませんねぇ ・・・峠って。
Posted by かべちょろ at 2012年09月25日 22:47
峠ライドお疲れ様であります。
jamさん今回は十分楽しまれたようですね。
ツーリング車の醍醐味は、アスリート的な
走りではなく、雰囲気を楽しみながらも・・・
もがき苦しみながら(笑)走るところに面白さがあるような気がします。
「距離より質」的な・・・
私なんぞは、最近ロードでも峠道が苦しいです・・最近はあまり乗れてませんが・・
おっと・・これは私の愚痴&課題(^^ゞ
Posted by Koba58 at 2012年09月26日 09:06
日頃の運動量と自転車に乗る頻度が少ないのに
無理をしすぎるのは危険ですよ!
無事帰宅できてなによりです。
日々の生活で歩けてますか?
自転車ライフが嫌にならないことを願ってます。
偉そうなこと言ってすいません!
Posted by kemakema at 2012年09月26日 11:08
峠の名前通り厳しい道のりでしたね。お疲れ様でした。
足が攣って、どうにもこうにも動けない時間って
弱気になりますよね。
このまま動けなかったらどうしようとか、もっと普段から
運動しておけば良かったなんて考えながら、私もいつも道端で
固まっています。


厳しい1日から帰ってきて、もう少し限界値を上げたいな、と思えるのですから
jamさんも自転車に乗ることが好きなのですね。

これからも楽しみましょうね。
Posted by うなぎやさん at 2012年09月26日 15:31
今日は、
お疲れ様でした。
申し訳ありませんが、記事読んで笑ってしまいました。私も脚攣りの経験があるので、そうそう、とね。この秋、私もキャンピングで同じ体験をしそうです・・・。
Posted by じーじ at 2012年09月26日 15:40
記事を読んでて、先日、僕が経験した、国東半島
両子寺越えサイクリングを思い出し、失礼ながら
笑ってしまいました。
あの心細さがよみがえってきました。
本当に、自分の足が売り切れ状態になってるとき、先が見えない、登りが延々と続くと、遭難するんじゃないだろうか?と心細くなりますよね。
一人っきりだし・・・・。
その気持ちよく判ります。
両足が攣ったとのことですが、帰宅後は大丈夫でしたか?帰宅して、足を冷やすと、ギューっと攣るなんてことが多々あります。
お互いに、山中で、助けをもとめるなんてことが無いよう、日頃からある程度は、トレーニングしましょうね(笑)
やっぱり、自転車に乗った時間に比例して、足腰も強くなると思いますよ。
滅多に、ロングで乗れないですもんね
お疲れでした。
Posted by たか at 2012年09月26日 15:41
こんにちは

文面というか
文字からもjamさんの
お気持ちが伝わってきますョ

今年の2月
厳道峠の横を下って
道志から横浜へ戻った時も
60歳越えの先輩に
登りも下りも付いて行けませんでした・・・

家にはヨロヨロとたどり着きましたが
そのランが
5月の大垂水・牧馬峠、二十曲峠への
力づけになっています。

乗ろうが押そうが
ヨロヨロになって帰って来ると
また1つ力が付きますよ

厳道峠・・・登りたくなりました
Posted by yukimaru at 2012年09月26日 18:18
こんばんわ (^。^)y-.。o○

人の不幸は蜜の味、と申しますか。
大変堪能させて頂きました!(笑)
もうなんて言うんでしょう。
リアルタイムで不幸が滲みだすといいますか (^_^;)
最終的に楽しかったのではないか、という思いもあり、負けないように走らなければと思った次第です。

次も期待してます(笑)
というか、確かに一日中自転車に費やす時間がとれることなんて稀ですから、次も走れるように頑張りましょう!
わたしも頑張ります (-"-)

Posted by ひろ父 at 2012年09月26日 21:05
巌道、すごいしゃどですよね。
お気持ち、良く判ります(笑)。
久しぶりに投げやりなトーエイ君が見れました。

個人的に集計している峠の斜度ランキングでは、2kmでの平均斜度は、和田や風張を抑え、巌道がTOPの14.4%です。 
Posted by アンプ犬 at 2012年09月26日 23:57
く〜ま〜さん
実は当初名栗方面の林道と峠を計画していましたがガソリン節約の為にこのルートを選んだんです。
もう少し経験値を積まないと見知らぬ地は走れないかな〜と実感しました。
巌道峠は3メートルの幅員に蓋の無い側溝で道も有れているので車でも行きたくないと思わせる道です(笑
ただ…貸切状態なのは中々魅力ですけどね。
Posted by jam at 2012年09月27日 10:01
シルキャンさん
コレが押しじゃなきゃ良いんですけどねぇ
巌道峠への登りはほとんど押しでした。
ただ、道志道に出るまでは交通量も無く気持ち良く走れました。
また、時間が取れたら醍醐林道を押しに行かなくっちゃ…いや乗りに行かなくっちゃ!です。
Posted by jam at 2012年09月27日 10:12
かべちょろサン
いや〜侮れませんね〜
何となく「行けちゃうんじゃない?」と軽く考えていましたが中々の敗北感です。
行きは良いけど帰りの上り坂ってホントにテンション下がります(笑
Posted by jam at 2012年09月27日 10:20
Koba58さん
はい、充分楽しんでみました。
そして充分疲れました〜
アスリート的な走りは求めていないのですがヤッパリ少し運動不足が感じられる一日でした。
雰囲気を楽しみながら〜の心算が余裕が無くて足元のアスファルトしか視界に入らなかったです(笑
Posted by jam at 2012年09月27日 10:34
kemakemaさん
自転車ライフが嫌になるなんて…
登ってる時はいつも嫌になってますが下ると忘れちゃうんですよねぇ。
はい、運動不足は感じております。
そう言えばあんまり歩かないな〜
よし、今日から階段で移動しよう!(なるべく)
Posted by jam at 2012年09月27日 11:05
うなぎ屋さんサン
日頃の運動不足とやっぱり経験値なんですかね。
人里離れた所での限界はちょっと困ります、特に家に帰る時間を気にしないといけないので多少焦りも感じてしまいます。
でも、今後出来ればもう少しうなぎやさんが走っているような山奥も挑戦したいので頑張らなくっちゃいけませんね〜
少し運動を心がけます。
Posted by jam at 2012年09月27日 11:19
じーじサン
いや〜お恥ずかしい。
毎度走り始めてからじーじサンのストレッチを思い出してコンビニとかで慌ててストレッチをしています(笑
この秋もキャンプ行かれるんですね!
今から記事が楽しみです♪
Posted by jam at 2012年09月27日 11:21
たかサン
国東半島両子寺越えって腕の日焼けの時ですね。
バイクでも自転車でも知らない所に一人で行くと心細くなることがありますね〜
その反面一人だからマイペースで楽しめるのかもしれません、私も昔バイクに乗っていましたがヤッパリ一人で走る事が断然多かったです。
なんだか心地良いんですよね〜
ただ、目的ルートの折り返し前での限界は情けなかったです。
体力付けなくっちゃと思いました。
Posted by jam at 2012年09月27日 11:31
ゆきまるサン
ACFでもランの時のお話ですよね!
今回その時の宿もしっかり地図で確認していたんです、道志を走る時にはゆきまるサンやACFの方が走ったって事がかなり意識されます。
あの宿から横浜まで帰られた距離を考えると足元にも及びませんね。
コレを一つの経験値として、いつか同じように走れるようになりたいと思います。
Posted by jam at 2012年09月27日 11:38
ひろ父さん
楽しんで頂けて何よりです(笑
自転車乗りのベテランの方達から見れば未だ若いつもりでいましたが経験値と積み重ねた運動量は敵いませんでした(泣
一日中自転車に乗れるなんて中々無いので貴重な経験でした、また限界が見えたのも貴重だと思ってます。
Posted by jam at 2012年09月27日 11:50
アンプ犬さん
あ…やっぱり(笑
峠で撮った写真を確認していた時に「これはアンプ犬さんに突っ込まれるなぁ」と思ってました。(一応一番ちゃんとした写真なんですが)
巌道峠への登りは目で見ると錯覚なんでしょうか少し先が平坦に見えて、辿り着くと相変わらずの登りで…と途方に暮れてしまいました。
時間が少ない普段の走りも課題を持った方が良さそうな気がしています。
Posted by jam at 2012年09月27日 13:13
こんばんわ、滋賀の三月兎です。大変なご苦労を・・・最近なんだか私も同じような走り方をしていますので、思ってもいなかった絶望感、少しだけわかります。さぞ、おつらかったことでしょう。仕事には影響ありませんでしたでしょうか。
Posted by 滋賀 三月兎です at 2012年09月28日 23:24
三月兎さん
夏のスバルラインに比べれば翌日の体への影響は少なかったですが、不案内な場所での事なので今回の方が走っている時の不安は感じました。
三月兎さんも最近のサイクリングは距離延ばしてますね〜
お互い「100`なんて余裕!」と言える様に頑張りましょう♪

Posted by jam at 2012年09月29日 09:38
距離と獲得標高から単純に考えると、私がトレーニングで走っている金峰山登山道の3倍です。
とても楽とはいえない内容だと思います。

両太腿が同時に攣るって相当怖そうですが、車などが走っている場所でなくて良かったですね。

無茶せずに楽しんでいきましょう♪
Posted by CHS at 2012年09月29日 23:38
CHSさん
予定では「少々キツイ」くらいの認識でした。
疲労も途中まではあまり感じていなかったんですが押し歩きを始めた途端にアドレナリンが切れたのかな〜って位に急にダメージを感じました。
経験不足から来る認識不足ですが良い経験をしたとも思ってます。
次につながる経験になったと思います。

何度か失敗は繰り返すと思いますが呆れずにアドバイスお願いします。


Posted by jam at 2012年09月30日 09:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。