2013年11月01日

MA SA KA !?

月曜日と火曜日は都内で研修だったのですが普段あまり電車に乗らない私は通勤だけで大変
八王子から乗り換えるのですが急いで飛び乗った中央線
辺りを見回すと女性ばっかり
一瞬 パラダイスか!?
と思ったら噂で聞いていた女性専用車両に乗ってしまっていました
気付いてしまうと天国から地獄
恥ずかしさいっぱいで車両を移動
月曜日は良い天気だったんですが火曜日は一転雨の一日

雨は水曜日の明け方まで降っていたようです


水曜日
家族は6時半に目を覚まします
5時にセットした目覚ましでは起きれずに6時ごろになんとか立ち上がる
前後のバッグに荷物を詰め込みそろそろ起きる家族に一応「行って来ます」と告げ出発


家を出る時に来ていたウインドブレーカー(只のナイロンジャンパー)では暑くバッグにしまいます
グローブも指切りタイプで大丈夫な気温
ハンドルを操作する腕に風が当たり肘の裏だけは若干冷え込んでいます


今日は津久井藤野方面ではありません
津久井方面を私のマイコース(そんなに走って無いけど)とするならば
今回の目的地はアウェイ
なので気合いを入れて楽しむ♪(疲れない程度に)


コチラ
20131030狭山湖DSC06141.jpg
八王子バイパスです
バイパスは自転車の場合は歩道を走ります(初めての時は若干間違えました)
通行料は30円
ただ車と違って自転車の利便性を考えた道ではありませんのでお急ぎの場合以外はお奨めしません


そしてテンション高くペダルを漕ぐ
20131030狭山湖DSC06144.jpg
はい「今日の多摩川」です
向こうに見えるのが八高線ですかね
その後もペダルを回し続けます
都道59号線?で良いのかな、それをひた走ります
イオンモールを越えコンビニ休憩

もう目的地はお分かりですね♪

では前回と前々回の様子を↓
2012・1月 「行っただけですが(笑」
2013・1月 念願の狭山湖

先ずは残してあった宿題を
それはココ、横田トンネル
20131030狭山湖DSC06146.jpg
トンネルの中はひんやり
天井から水滴も
なかなか雰囲気のあるトンネルです


20131030狭山湖DSC06155.jpg
その後も続くトンネル達
赤堀トンネル
20131030狭山湖DSC06158.jpg
御岳トンネル
20131030狭山湖DSC06159.jpg
赤坂トンネル
20131030狭山湖DSC06162.jpg



赤坂トンネルを抜けると
20131030狭山湖DSC06163.jpg
あれ?
こんな筈じゃ無いんですけど〜

20131030狭山湖DSC06166.jpg
3方向に道はあるけど夕べの雨でドロドロ
・・・え?
行きませんよ勿論

イメージ的にはトンネルズを抜けると多摩湖か狭山湖に直ぐ出られると思ってたんですが甘かった様です。

赤坂トンネルを戻りますと住宅と脇道があります
そこを右折
20131030狭山湖DSC06167.jpg
こんな感じの道が続きますが自転車乗車は60%かな?
途中で道は相当荒れます
暫くすると見えるのは
20131030狭山湖DSC06168.jpg
井戸?
もしかしてコレか?
    ↓
20131030狭山湖DSC06169.jpg
違うなら違うって教えておくれよ〜


更に進む
20131030狭山湖DSC06170.jpg
↑こんな道標が出てきたら
↓コチラの道を選ぶ

20131030狭山湖DSC06172.jpg
だって自転車のマーク描いてあるし…ね
20131030狭山湖DSC06173.jpg
と、自転車マーク書いてあるけど結構な道でっせ
階段だし…



そしてお約束の一枚
20131030狭山湖DSC06175.jpg
ちなみに狭山湖に着くまでに近くでラ系を3台ぐらい見かけました
生憎話しかけられるタイミングが無かったのですが嬉しくなっちゃいますね!





多摩湖はバードウォッチングの方が非常に多い
少し堤防を進んで人の少ない所で休憩しながどうしようかな〜っと考えます
20131030狭山湖DSC06176.jpg
この先はどうなってるんでしょうね?


行ってみますか!
と、この時は非常に軽い気持ちでした
「30分もあれば一周できるかな〜」ってね
手慣れた早い方なら行けるのかな?
狭山湖の外周(の心算)を沿って走って行きます
20131030狭山湖DSC06182.jpg
取り合えず手を合わせてね
こんな感じの道が始まります
20131030狭山湖DSC06181.jpg
フェンスの方が湖側?でも湖までは結構な距離がありそうです
20131030狭山湖DSC06184.jpg
雰囲気も良くなってきましたがだいぶ走って来ました
20131030狭山湖DSC06186.jpg
同じような雰囲気が続きます
お散歩の方とたまにすれ違います
20131030狭山湖DSC06188.jpg
うん、良い雰囲気だ
でも前日の雨の影響で地面は滑りますので慎重に
20131030狭山湖DSC06191.jpg
道標を見ても全く理解不能です
地図ぐらい用意してくれば良かったなぁ
20131030狭山湖DSC06200.jpg
で、結構な水たまりも出現しますね

そんなこんなで同じ風景を走っていると時間の経過が解らなく
ゴールが見えなくて焦り始めます
その頃やっと舗装路が見えました
20131030狭山湖DSC06204.jpg
ちょうどこの写真を撮る背中側に舗装路出現
何となく焦りも落ち着きましたのでココでアレです!

石畑?と書いてある

はい、久しぶりのコーヒー&カップ麺タイム!
20131030狭山湖DSC06206.jpg
今日のメニューは?
20131030狭山湖DSC06209.jpg
鴨の出汁が旨いっす!
見晴らしの良い場所では無いけど人も少なく
テーブルも乾いているし、風も来ない場所なので良いな!

コーヒーを楽しんでいると自転車(MTB)も何台か走って行きます
さすがMTB 軽快です!
しばらくボケーっとしておりましたがそろそろ帰宅しなくては

と、時計を見ると
20131030狭山湖IMG_20131030_103122.jpg
マズイ!
計算違いだ〜
急がねば!!!
どどどどどどっちに進めば?
六道ナンチャラ?って方に進めば来た道に帰れるのか?
迷っても困るので進んでみる
結構焦ってる
私的にはガシガシ漕いで

ガシガシ

ガシガシ


ガシ…ガ…


・・・スカッ!???



な、なんてこったい!

こんな事って

急いでるんだぞ

しかもこんな家から遠くで…

あああああああ〜


20131030狭山湖IMG_20131030_104007.jpg

チェーン切れちまったよ〜

参った

あ、でも冷静になれ俺!
チェーントラブルは経験済みだ!
パンクの百倍マシだね

フフフフン♪

と、曲がったコマを取り除きチェーンを繋げる

この作業中にMTBの方から
「大丈夫?」と声を掛けて頂いた
しかも「良い自転車乗ってるね!」と言われちゃって有頂天♪

チェーン切れでロスタイムが心配だ
さっさと進もう

20131030狭山湖IMG_20131030_110418.jpg
こんなトコ
20131030狭山湖IMG_20131030_110739.jpg
こんなトコを通って帰路へ

良く解らないけどいつの間にか六道山公園の下に出て来ました

その後は来た道を帰ります

多摩川を過ぎたあたりから足が…

もう、モチベーション下がりまくりです
ただ時間に追われていますので出来る限り足を回します

八王子に入り16号に出て

最後の難関

八王子バイパス
モチベーション下がりまくりの状態だと結構キツイっす
しかも「八王子バイパス嫌だな〜」と思った瞬間

それは起きました

そう、

それは

まさかの

まさかり担いだ金太郎

いや、まさかの

マサカノ

MA・SA・KA!?(ちょっと巻き舌で読み上げて下さい)


20131030狭山湖IMG_20131030_121143.jpg

本日二回目

チェーン切れ

もうやだ〜(悲しい顔)

何故だ?

何故なんだ?

ま、さっきの繋げ方がイケなかったんだろうな

以前にチェーンきれてから勿体無いので古いチェーン繋げて使っちゃってるしね
(一応新品は在庫していますのでちゃんと交換しようかな〜)

その後ももうヤル気全く出ずにダラダラと帰宅


ま、なんて言うんですか?
久しぶりに走るとちゃんと神様がネタを提供してくれているのか?
ややや、きっとチェーンが切れていなければその先にもっと凄い事が起きる筈だったに違いない。
きっとその大きなトラブルを回避するために神様が敢えて足止めをさせたんだろう

そう言う事にしよう…か?




で、そんなこんなで13時頃に帰宅。

短い時間でしたが充分疲れましたよ〜


ブログランキングに参加しておりますが
ま、気が向いたらで構いませんので下のリンクからどうぞ


色んな自転車ブログ↓
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

ポタリングなブログ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


ランドナーなブログ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ
にほんブログ村

初心者なオイラも↓
にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
にほんブログ村
posted by jam at 10:17| Comment(28) | TrackBack(0) | サイクリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。